ログイン
2019年11月13日 14時20分
材料

イメージワン---19年9月期は2ケタ増収、地球環境ソリューション事業が好調に推移

イメージワン<2667>は12日、2019年9月期決算を発表した。売上高が前期比13.7%増の18.79億円、営業損失が0.43億円(前期は0.40億円の利益)、経常利益が6.92億円(同0.16億円の利益)、当期純利益が2.43億円(同0.08億円の利益)となった。

ヘルスケアソリューション事業の売上高は前期比16.6%減の12.83億円、セグメント利益は同14.3%減の1.89億円となった。VNA(Vender Neutral Archive)での市場は拡大しており、これまで取り組んできた営業強化策により製品認知度も浸透しつつあるが、主力製品である医療画像システム製品の普及率が高いため、減収減益となった。なお、新規参入したクラウド型電子カルテ「i・HIS」は、引合い、受注件数も増加し売上計上もした。また、2020年4月の医療法改正を踏まえニーズが急速に高まっている線量管理システム「onti」は、特に核医学検査分野での機能を有する唯一のシステムであり市場で高い評価を得ており、国立研究開発法人等からの受注に繋げている。

地球環境ソリューション事業の売上高は前期比420.5%増の5.95億円、営業利益は同278.2%増の0.36億円となった。スイスのPix4D製三次元画像処理およびオルソモザイク作成ソフトウェアPix4Dmapperは、引き続き増収基調となっている。再生可能エネルギー分野では、未着工および稼働済み太陽光発電所(セカンダリー)の取得・売却、また当第3四半期会計期間より稼働済み太陽光発電所の売電収入が計上され、今後も継続して安定的な収益が見込める状況となっている。

2020年9月期通期の業績予想については、売上高が前期比38.3%増の26.00億円、営業利益が3.90億円、経常利益が同48.0%減の3.60億円、当期純利益が同23.4%増の3.00億円を見込んでいる。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 30社選出 <成長株特集> (11/10)
  2. 11月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/12)
  3. 外国人買い活発化で要注目、株高演出の「物言う株主」銘柄総点検.. (11/12)
  4. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月11日版
  5. 「量子コンピューター」の注目度高い、テラスカイなど新たに頭角現す.. (11/12)
  6. 安倍政権が対策に本腰、「水害対策」関連で浮上する“救世銘柄”精選.. (11/11)
  7. 投資マネー大還流、晩秋の東京市場で目覚める「急騰モンスター7銘柄」.. (11/09)
  8. 「株探」の歩き方 ― (8)大化け期待の有望成長銘柄をチャートで探そう (11/08)
  9. 植木靖男氏【上昇一服でも強い、年末相場へのシナリオを読む】(2) <相場観特集> (11/11)
  10. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月12日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月9日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=SBGの異彩高とウィズコロナ勝利の法則 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月09日) 注目
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(3):アンジェス、大戸屋、ウエルシア 注目
  5. 5
    コロナ時代を疾走する「ギグワーク」関連株、副業・兼業の解禁も追い風 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.