ログイン
2019年11月15日 10時33分
材料

ランドコンピュータ---2Qは2ケタ増収増益、過去最高売上を達成

ランドコンピュータ<3924>は11日、2020年3月期第2四半期(19年4月-9月)決算を発表した。売上高が前年同期比13.2%増の41.97億円、営業利益が同19.5%増の2.32億円、経常利益が同26.0%増の2.43億円、四半期純利益が同29.4%増の1.61億円となった。第2四半期累計期間において過去最高売上となった。

システムインテグレーション・サービスの売上高は前年同期比12.4%増の28.66億円となった。ネットバンクを中心とした銀行向け開発案件及び信託銀行向け開発案件の受注拡大、保険分野での新規案件参画による受注増加、流通分野における制度対応に伴う百貨店向け開発案件の受注拡大、公共分野における開発案件の受注増加等がみられた。

インフラソリューション・サービスの売上高は前年同期比19.9%増の6.75億円となった。

引き続き保険・証券分野及び公共・文教分野のネットワーク構築案件及び基盤構築案件の受注が堅調に推移したこと、及び中部・九州エリアの営業所新設による新規受注獲得等があった。

パッケージベースSI・サービスの売上高は前年同期比10.1%増の6.55億円となった。会計パッケージ及び人事給与パッケージの導入支援・保守案件の受注が増加し、また同社におけるクラウドコンピューティングサービスの中心であるSalesforce関連において、前年度の大型開発案件の収束があったが新規案件の受注獲得に注力した。

2020年3月期通期の業績予想については、売上高が前期比6.1%増の85.50億円、営業利益が同4.1%増の6.09億円、経常利益が同5.9%増の6.20億円、当期純利益が同5.7%増の4.00億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月14日版
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月13日版
  3. 「株探」の歩き方 ― (8)大化け期待の有望成長銘柄をチャートで探そう (11/08)
  4. 老朽化対策が喫緊の課題に、スポットライト浴びる「下水道関連株」.. (11/13)
  5. 説明のつかない狂乱相場に対抗するのは、説明不要の「年末アノマリー」戦略 (11/13)
  6. 出遅れ「バイオ株」に復活機運、国際規格制定で再生医療関連に脚光.. (11/14)
  7. 外国人買い活発化で要注目、株高演出の「物言う株主」銘柄総点検.. (11/12)
  8. 逆風下でも高成長! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月13日版
  9. 「量子コンピューター」の注目度高い、テラスカイなど新たに頭角現す.. (11/12)
  10. 安倍政権が対策に本腰、「水害対策」関連で浮上する“救世銘柄”精選.. (11/11)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    国内株式市場見通し:リスク回避姿勢の継続で日経平均は下値模索へ 市況
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 猛威振るう新型コロナ、投資家に対抗手段あるか?! 市況
  3. 3
    為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国での感染被害拡大への懸念残る 通貨
  4. 4
    解禁秒読み「オンライン診療」最前線株、“医療崩壊”阻止へ高まる注目 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    <みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に富士フイルム 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.