ログイン
2020年2月19日 17時25分
通貨

欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩みか、米FOMC議事要旨やアップルの業績見通しが重石に

19日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。全般的に株高に振れるなか、リスク回避の円買いは後退する見通し。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)の先行きの見通しやアップルの業績悪化懸念で、一段のドル買いは縮小しそうだ。

3連休明けの前日NY株式市場ではダウが続落となったものの、大幅安は回避された。それを受け、本日のアジア市場で日経平均株価や上海総合指数の上昇を背景に前日までのリスク回避的な円買いは後退。日本国内での新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績の悪化に警戒は根強いものの、株高を受けた円売りが主要通貨を押し上げている。ドル・円は今月12日高値の110円10銭台、1月17日の110円20銭台を次のターゲットとして意識。また、オプション絡みの売りが観測される110円30銭を上抜けられれば一段高との見方が浮上している。

ただ、この後の海外市場でドル・円は上値の重い展開となりそうだ。ドルは足元で新型ウイルスへの懸念から安全通貨として買いが入りやすい地合いが続く。また、ユーロ圏経済の減速が顕著となるなか、米国は対照的に景気拡大が見込まれるため、目先もユーロ売り・ドル買いが想定される。一方、今晩公表されるFOMC議事要旨でウイルス被害への警戒が示されれば、利下げ圧力への思惑でドル買いは縮小しよう。また、アップルの業績悪化見通しは想定外ではないものの、当面はインパクトとして残り、株高・ドル高局面では一段の上昇を抑える要因となろう。

【今日の欧米市場の予定】

・17:00 南ア・1月消費者物価指数(前年比予想:+4.6%、12月:+4.0%)

・18:00 ユーロ圏・12月経常収支(11月:+339億ユーロ)

・18:30 英・1月消費者物価指数(前年比予想:+1.6%、12月:+1.3%)

・18:30 英・1月生産者物価指数・産出(前年比予想:+1.0%、12月:+0.9%)

・22:10 ボスティック米アトランタ連銀総裁講演(米国経済見通し)

・22:30 米・1月住宅着工件数(予想:142万戸、12月:160.8万戸)

・22:30 米・1月住宅建設許可件数(予想:145万戸、12月:142万戸←141.6万戸)

・22:30 米・1月生産者物価指数(前月比予想:+0.1%、12月:+0.2%←+0.1%)

・22:30 カナダ・1月消費者物価指数(前年比予想:+2.3%、12月:+2.2%)

・22:30 メスター米クリーブランド連銀総裁が討論会出席

・01:45 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁がタウンホールイベントに出席

・03:30 カプラン米ダラス連銀総裁講演

・04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1/28-29開催分)

・06:30 バーキン米リッチモンド連銀総裁が討論会出席(デューク大学)

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):メルカリ、SUMCO、IRジャパン (02/19)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):ソフトバンクG、日産自、リクルート (02/19)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):マーケットE、多摩川HD、ブイキューブ (02/19)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 12 銘柄  S安= 2 銘柄 (2月19日)
  5. ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月19日)
  6. 【↑】日経平均 大引け| 5日ぶり反発、円安・アジア株堅調で買い戻しが優勢 (2月19日)
  7. ESG3400兆円のインパクト、世界的な投資本格化で狙える6銘柄 <株探トップ特集> (02/18)
  8. 株主優待シーズン突入、3月権利取り「高利回り先高期待」の厳選7銘柄.. (02/17)
  9. 「エイズ」が6位にランクイン、新型肺炎治療に効果で再脚光<注目テーマ> (02/19)
  10. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (2月19日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    反発、転換線上向き買い圧力の回復示唆/日経225・本日の想定レンジ 市況
  2. 2
    欧州為替:ドル・円はもみ合い継続、ユーロ・ドルは下げ渋り 通貨
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:デンカ、国際石開帝石、東芝 注目
  4. 4
    ANA---急落、全社員半数規模の一時帰休実施が伝わる 材料
  5. 5
    後場に注目すべき3つのポイント~原油急反発でも上値追いづらい 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.