ログイン
米国株
2020年4月17日 11時50分
特集

すご腕投資家・DUKE。さんに聞く「コロナ相場を乗り切る技」-第1回

日経平均2万円で、今からリバウンドに乗るのは遅い?

登場する銘柄
サーバーワークス<4434>、メドレー<4480>、シスコシステムズ<CSCO>

文・イラスト/福島由恵(ライター)、構成/真弓重孝(株探編集部)

DUKE。さんDUKE。さん(40代・男性)のプロフィール:
2003年の会社員時代から株式投資を開始。当時は割安成長株狙いの投資を続けていたが、目覚ましい成果は出ず。その後、ライブドア・ショック、リーマン・ショックを経て、本人いわく「けちょん、けちょん」になる場面もなんとか乗り越えつつ、成長株投資で著名なウィリアム・オニールの投資法に出合う。以降はこれまでのファンダメンタルズを追求する投資法にテクニカル要素も取り入れたテクノファンダメンタルに投資手法を改良し、新高値を更新して上昇トレンドに乗る銘柄に投資する「新高値ブレイク投資術」にたどり着く。その改良法が花開き、14年には累計利益1億円を突破する。現在は、専業投資家に転身。自身の投資をさらにパワーアップさせながら「新高値ブレイク投資塾」を主宰する。塾生から多くの億り人を輩出すべく、自身の投資法を伝授することに力を注ぐ。著書に『新高値ブレイク投資術』(東洋経済新報社)、『新高値ブレイクの成長株投資法』(共著、パンローリング)がある。

順張り投資戦略なら、底値拾いを狙うのは「絶対にだめ」

――念押しになります。日経平均の上昇幅が1000円を超えたり、上昇率で3%を超えたりするようなる日も出てくると、「乗り遅れてはまずい」という焦りも出てくる状況ですが、まだ強気に打って出る段階ではないのですね。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. すご腕投資家・DUKE。さんに聞く「コロナ相場を乗り切る技」-第2回
  2. すご腕投資家さん【総勢15人】に聞く「銘柄選び」の技 <全シリーズ一覧>
  3. 暴落前に先回りで全保有株を現金化、"神判断"した人の技とは? (04/10)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合-最終回 (04/03)
  5. 2つの指標で見つけた! コロナショックを耐えそうな【極限環境】銘柄 (04/08)
  6. コロナショック前の高値に引きずられるのはなぜ? ⇒ アンカリング (04/10)
  7. 「株探」の歩き方 ― (18)指数の動きを逆手に取った銘柄選びをやってみよう (04/09)
  8. 反発を見極める指標は? テーマ株投資の注意点は? ~Bコミさんに緊急インタ.. (03/26)
  9. 大槻奈那の「だからあなたは損をする」 <全シリーズ一覧>

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月30日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★キーウェア、日精線、ダイビルなどに注目! 注目
  3. 3
    波乱相場こそ好業績株買いの好機、10年超ぶり「最高益大復活」企業 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    世界が熱視線「プライム市場」、東証再編で日本株復活はなるか <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (12月1日記) New! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.