ログイン
2020年6月5日 7時00分
市況

NY株式:NYダウ11ドル高、雇用市場の速やかな改善期待が後退

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は11.93ドル高の26281.82ドル、ナスダックは67.10ポイント安の9615.81ポイントで取引を終了した。米国の失業保険継続受給者数が予想外に増加したため雇用市場の速やかな改善期待が後退、失望感から売りが先行。その後は前日終値を挟んで終始もみ合う展開となった。セクター別では、銀行や保険が上昇した一方、公益事業や不動産が下落した。

大手航空会社アメリカン航空(AAL)は需要の回復に伴い、7月の増便を発表し急伸。同業のデルタ航空(DAL)や航空機メーカーのボーイング(BA)も堅調推移となった。ラスベガスのカジノホテル営業再開で、MGMリゾート(MGM)などカジノ関連株が上昇した。オンライン証券会社のチャールズシュウェブ(SCHW)によるTDアメリトレード(AMTD)買収を米当局が承認し、両社とも急伸。一方で、食品メーカーのJMスマッカー(SJM)は四半期決算で一株利益が予想を上回ったものの、21年度の悲観的見通しが嫌気され下落。

AI(人工知能)を活用した販促支援ソフトなどのズームインフォ(ZI)は、4日ナスダックに上場、IPO価格21ドルのほぼ倍に跳ね上がるなど、ウイルスパンデミック後初となるハイテクの上場は、好調な結果となった。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月04日)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月4日発表分) (06/04)
  3. 明日の株式相場戦略=「ウィズコロナの勝ち組銘柄」を探せ (06/04)
  4. 今期活躍必至の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕 <成長株特集> (06/04)
  5. ステイホームで地殻大変動“食品株”を狙え、コロナ禍に跳ぶ有望銘柄5選.. (06/04)
  6. 新型コロナ検知で底力発揮、「サーモグラフィー」関連株総まくり.. (06/03)
  7. 「サイバーセキュリティ」が11位にランク、SNS中傷対策に関心向かう.. (06/04)
  8. 「人工知能」関連が4位、スーパーシティ構想の屋台骨支える<注目テーマ> (06/02)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月3日版
  10. 外国人買いは本物か、「不安の壁」駆け上がる先導役に急浮上 <株探トップ特集> (06/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均3万円が射程圏に!東京市場に死角はあるか? 市況
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (1月15日発表分) 注目
  3. 3
    炎立つ! 「新エネ関連」総蜂起 革命の2021と「進撃の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 基本スタンスはコロナ制圧、世界景気の回復! 市況
  5. 5
    通期営業利益を上方修正も、3Q時点で計画超過の銘柄も(和島英樹) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.