ログイン
米国株
2020年8月12日 11時29分
材料

H.U.グループHD---1Qは売上高が439.04億円、コロナによる検査数減少の影響で減収も、PCR検査受託数は増加

H.U.グループホールディングス<4544>は7日、2021年3月期第1四半期(20年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比5.1%減の439.04億円、営業利益が同63.7%減の11.24億円、経常利益が同84.6%減の3.64億円、親会社株主に帰属する四半期純損失が13.83億円(前年同期は11.55億円の利益)となった。

受託臨床検査事業の売上高は前年同期比8.6%減の268.84億円、営業利益は同89.8%減の1.85億円となった。一部新型コロナウイルス感染症の拡大による患者の受診抑制による検査受託数の減少等があったものの、PCR検査受託やがんゲノム医療を始めとした遺伝子関連検査の増加による貢献があった。

臨床検査薬事業の売上高は前年同期比12.4%減の86.34億円、営業利益は同24.3%減の10.46億円となった。新型コロナウイルスに係る迅速抗原検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」の販売開始に伴う増収貢献が見られた一方で、国内外において新型コロナウイルス感染症拡大に伴う検査需要減少が影響した。

滅菌関連事業の売上高は前年同期比20.5%増の63.34億円、営業利益は同15.9%減の4.87億円となった。新型コロナウイルス感染症拡大に伴う検診実施延期による減収があったものの、2020年3月期第3四半期より開始した大口顧客への医材預託品販売からの増収等があった。

新規育成事業及びその他の売上高は前年同期比16.9%増の20.50億円、営業損失は2.32億円(前年同期は1.79億円の損失)となった。在宅・福祉用具事業の伸長に加え、食品・環境・化粧品検査事業において株式会社日本食品エコロジー研究所が2020年3月期第4四半期より連結計上開始となった影響があった。

2021年3月期については、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大が、医療領域において事業を展開している同社にも大きく影響を及ぼしており、現時点では不確定要素が多いことから、業績予想を適正かつ合理的に算定することが困難な状況となっている。そのため、2021年3月期の連結業績予想を未定として、適正かつ合理的な算定が可能となり次第、速やかに開示するとしている。

《EY》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 馬渕治好氏【日経平均大幅高の3連休明け、この上昇は本物か】(2) <相場観特集> (08/11)
  2. コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月11日版
  3. 【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! (08/09)
  4. 夏相場に舞う、「物言う投資家」関連株に照準を絞れ! <株探トップ特集> (08/11)
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 10社選出 <成長株特集> (08/10)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ.. (08/09)
  7. 「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト”.. (08/08)
  8. 和島英樹の「明日の好悪材料Next」~第11回 (08/09)
  9. 【植木靖男の相場展望】 ─加権指数30年ぶりの最高値更新は何を示唆する? (08/08)
  10. 10万円以下で買える、高ROE&好業績 22社【2部・新興】編 <割安株特集> (08/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─年内に始まる大インフレ相場に備えるとき 市況
  2. 2
    嵐の中で本領発揮、成長&株高への未来図描く「極撰・好業績5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    まだ間に合う、1月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】大化け株が潜む“ディープバリュー”の深海 特集
  5. 5
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「下放れたが、1月後半安は想定内」 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.