ログイン
2020年10月2日 11時22分
材料

日本プロセス---1Q減収も、特定情報システムが堅調に推移

日本プロセス<9651>は9月30日、2021年5月期第1四半期(20年6月-8月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比14.4%減の15.71億円、営業利益が同24.7%減の1.30億円、経常利益が同18.2%減の1.57億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同19.0%減の1.06億円となった。

制御システムの売上高は前年同期比38.1%減の1.86億円、セグメント利益は同35.2%減の0.44億円となった。火力発電所向け監視・制御システムとプラント制御は横ばいで推移し、電力システムは試験フェーズに入ったことで作業量が減少した。新幹線の運行管理システムは、リプレース案件が堅調に推移した。一方、東京圏輸送管理システムと在来線の運行管理システムは第2四半期以降に検収されるため、売上、利益とも前年同期を下回った。

自動車システムの売上高は前年同期比14.8%減の4.02億円、セグメント利益は同16.5%減の0.99億円となった。自動運転/先進運転支援関連は旺盛な需要が継続し、車載ネットワーク制御や基盤ソフトウェアなどが堅調に推移した。また、電動化案件も堅調に推移した一方で、車載制御システムのエンジン制御、変速機制御は作業量が減少した。

特定情報システムの売上高は前年同期比21.4%増の1.59億円、セグメント利益は同111.3%増の0.44億円となった。危機管理関連と映像監視関連が堅調に推移した。また、自動運転/先進運転支援関連の画像認識/識別案件は横ばいで推移した。

組込システムの売上高は前年同期比0.7%減の2.53億円、セグメント利益は同4.6%減の0.58億円となった。ストレージデバイス開発は新たな応用製品開発を受注し堅調に推移した。新ストレージ開発とIoT建設機械関連は、横ばいで推移した。自動運転/先進運転支援関連は、ベーシックソフトウェアの開発が終了し体制を縮小した。

産業・ICTソリューションの売上高は前年同期比15.7%減の5.69億円、セグメント利益は同22.3%減の1.08億円となった。クラウドシステム構築、イメージングソリューション関連、鉄道関連は堅調に推移したものの、ビジネス関連、医療関連は研究開発費の縮小やシステム開発の終了などで前年同期を下回った。また、航空宇宙関連は横ばいで推移した。

2021年5月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比4.4%減の74.30億円、営業利益が同21.7%減の5.70億円、経常利益が同15.4%減の6.65億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同20.3%減の4.45億円とする期初計画を据え置いている。

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 秋のIPO最前線を探る、10月も需給良好で株高人気継続へ <株探トップ特集> (09/29)
  2. 高成長【始動】候補リスト〔第1弾〕 14社選出 <成長株特集> (10/01)
  3. 国策テーマ「少子化対策」に再脚光、出生数“86万ショック”で政府に危機感.. (10/01)
  4. 「5G」が8位、ドコモTOBで5G投資加速へ<注目テーマ> (09/30)
  5. 【情報システム】関連の銘柄一覧
  6. 2020年「ノーベル賞」発表目前!3年連続の日本人受賞なら急騰必至 <株探トップ.. (09/30)
  7. 「サイバーセキュリティ」が4位にランク、総務省は21年度概算要求で83億円を計.. (10/01)
  8. 「量子コンピューター」が4位、究極の次世代テクノロジーに世界が覇権競う.. (09/29)
  9. がんの入院診療費は平均110万円、50年で600万円の差が開く「がん保険」の使い方 (10/01)
  10. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月30日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「半導体&電子部品」ビッグウェーブ到来、「最強布陣10銘柄」を追え <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】“新エネ革命”本格転進! 巻き起こる“大炎” 特集
  3. 3
    発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    まだ間に合う、1月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  5. 5
    武者陵司「半導体不足は日本ハイテク復活の予兆である可能性」<後編> 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.