ログイン
2020年10月30日 15時21分
材料

サイオス---2020年12月期の当期純利益を上方修正 オープンシステム基盤事業・アプリケーション事業ともに増収

サイオス<3744>は29日、2020年12月期第3四半期(20年1月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比3.9%増の105.29億円、営業損失が0.06億円(前年同期は0.74億円の損失)、経常損失が0.02億円(同0.34億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益が1.12億円(同0.74億円の損失)となった。

オープンシステム基盤事業の売上高は前年同期比6.4%増の60.89億円、セグメント利益は同21.8%減の0.42億円となった。主力自社製品の「LifeKeeper」は、COVID-19拡大の影響により米州及び欧州の地域で減収となったが、日本でのライセンス販売が順調に推移し、堅調な増収となった。また、Red Hat Enterprise LinuxをはじめとするRed Hat, Inc.関連商品は堅調、OSS関連商品は好調、OSSサポートサービスは順調な増収となった。利益面では、「LifeKeeper」の機能強化にかかる研究開発費、新規事業関連費用が増加した。

アプリケーション事業の売上高は前年同期比0.6%増の44.39億円、セグメント損失は0.48億円(前年同期は1.28億円の損失)となった。MFP向けソフトウェア製品は、サブスクリプション販売への移行が進み売上高が一括計上されず次期以降に按分されたこと及びCOVID-19拡大の影響でオフィス向け複合機の出荷が低調であったことにより、減収となった。一方、システム開発・構築支援は、教育機関など文教向けを中心に好調な増収となった。「Gluegentシリーズ」は好調、金融機関向け経営支援システム販売は順調な増収となった。利益面では、文教向けシステム開発・構築支援等の増収に加え、金融機関向けシステム開発・構築支援において前期に発生していた不採算案件の影響等がなくなったが、MFP向けソフトウェア製品の減収による影響を大きく受けた。

2020年12月期通期については、同日、連結業績予想の修正を発表した。売上高が前期比3.7%増(前回予想比0.7%減)の142.00億円、営業利益が同27.2%減(同50.0%減)の0.40億円、経常利益が同53.3%減(同55.0%減)の0.45億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同363.5%増(同275.0%増)の1.50億円としている。

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):アドテスト、エプソン、パナソニック (10/30)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):JMDC、ファナック、日本情報C (10/30)
  3. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (10月30日) [プレミアム専用]
  4. 欧米株「コロナ大乱」の行方、“再びの3月暴落”はあるか <株探トップ特集> (10/29)
  5. 収益回復に期待高まる、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月29日版
  6. 脱炭素化の切り札、「カーボンリサイクル」関連株に吹くフォローの風.. (10/28)
  7. バリュー株、“秘密の楽園”はこの2つにあり (10/28)
  8. 2倍株ハンターの『株探』活用術 & コロナ禍で成功した割安大型&優待イベント狙い (10/27)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月28日版
  10. 明日の決算発表予定 オリックス、NTTデータなど62社 (10月30日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★ミライトHD、ハピンズ、そーせいなどに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月1日発表分) 注目
  3. 3
    年末IPOラッシュ到来! 精鋭株勢ぞろい「銘柄選別の勘所」は <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=「半導体・5G」など表門から資金流入 市況
  5. 5
    増益予想に大転換! 株高期待の「上方修正予備軍」6銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.