ログイン
2021年2月22日 16時27分
市況

<マ-ケット日報> 2021年2月22日

週明けの市場は日経平均が4日ぶりに反発。終値は前週末比138円高の3万156円だった。前週末の米国株は小動きだったが、日経平均は直近3日間で450円程度下げていたためすかさず押し目買いが入ってきた。国内外で新型コロナの新規感染者数が減っていることやワクチン接種が進んでいることで、景気下押しリスクが後退していることも安心感につながっている。一方、明日は天皇誕生日で休場となるため終盤は手じまい売りにやや押されている。

前週末の米国市場は追加経済対策の早期成立期待からダウ平均は小反発した。イエレン財務長官がインタビューで追加経済対策の必要性に改めて言及したことが相場を下支えした。ファイザーのワクチンが1回の接種で高い予防効果を得たという研究結果も好感されている。一方、長期金利が一時1.36%と1年ぶりの高水準に上昇したことが響き、ハイテクなど高PERの主力株を中心に上値は重かったようである。

さて、東京市場は日経平均が反発してひとまず下げ止まる動きに。コロナの感染者減少やワクチン接種開始がプラスに働くほか、時間外取引の米株先物の上昇も追い風となって、上げ幅が一時400円を超える場面まであった。ただ、一気に3万円台まで上げてきた過熱感はまだ残っており、上値では短期筋の手じまい売りがまだ続いている。日柄をかけて大台を固める時間がまだ必要のようだ。(ストック・データバンク 編集部)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    巨大市場創出へ、脱炭素で「アンモニア」関連に壮大なる株高ストーリー <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:SUMCO、ソフトバンクG、前田道 注目
  3. 3
    武者陵司「日本株『非理性的悲観(irrational pessimism)』の是正が始まった」 市況
  4. 4
    東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は反落、BASE、アンジェスが売られる 市況
  5. 5
    <特別気配> JR九州、QDレーザ、アサヒが買い気配 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.