ログイン
米国株
2021年8月10日 6時28分
材料

AMCが決算受け時間外で上昇=米国株個別

映画館運営のAMCエンターテインメント<AMC>が引け後に4-6月期決算を発表しており、1株損益の赤字が予想ほど膨らまなかったほか、売上高は予想を上回った。入場者のチケット販売および飲食とも予想を上回る売上高を示した。入場者数は2210万人まで回復した。ただ、自宅でのストリーミング配信との競争に苦労していることも示されている。

同社は今年の代表的なミーム株の1つとなり、株価は10ドル未満から一時72ドル以上に急騰した。これにより経営陣は現金を調達し、借り換えを行い、破産を食い止めることができた。しかし、借入金は長期債務とリースで104億ドル超と高水準が続いている。同社は現在、20億ドル超の現金と未使用の回転信用枠を持っている。

同社のアロンCEOは個人投資家が株主の過半数を占めている状況を自身の成功の鍵とみなしている。同CEOは小口の個人投資家に新作映画と伴に無料のポップコーンやコーヒーのサービスなど、米国では珍しい株主優待を実施した。

時間外で株価は上昇している。

(4-6月・第2四半期)

・1株損益(調整後):-0.71ドル(予想:-0.94ドル)

・売上高:4.45億ドル(予想:3.82億ドル)

入場者:2.33億ドル(予想:1.97億ドル)

飲食:1.61億ドル(予想:1.29億ドル)

・入場者数:2210万人

米国:1780万人

海外:427万人

・EBITDA(調整後):-1.47億ドル

(NY時間17:07)

AMC<AMC> 35.53(+1.73 +5.12%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  3. 3
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒しを警戒 市況
  5. 5
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料銘柄に注目 New! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.