ログイン
米国株
2021年9月16日 7時00分
市況

NY株式:NYダウ236ドル高、景気回復の失速懸念が後退

米国株式市場は反発。ダウ平均は236.82ドル高の34814.39ドル、ナスダックは123.77ポイント高の15161.53で取引を終了した。新型コロナウイルスのデルタ変異株流行や財政支援の縮小に伴う景気回復の失速懸念が根強く、寄り付き後、小幅下落。しかし、9月NY連銀製造業景気指数が予想のほぼ2倍に上昇したほか、原油高でエネルギー関連株が上昇すると警戒感が緩和し、上昇に転じた。引けにかけて上げ幅をさらに拡大。セクター別では、エネルギーの上昇が目立った一方、消費サービスが下落した。

後払い決済サービスを提供するフィンテック企業、グリーンスカイ(GSKY)はゴールドマンサックス(GS)による同社買収発表を受けて、大きく買われた。バイオのリジェネロン・ファーマシューティカルズ(REGN)は政府が同社製コロナ抗体カクテル「REGEN-COV」を追加で140万回分購入する計画を発表したため、上昇。ソフトウェアメーカーのマイクロソフト(MSFT)は増配や600億ドル規模の自社株買い計画を発表し、上昇した。また、野外グリルメーカーのウェーバー(WEBR)は8月上場後初めて発表した四半期決算で、前年比19%の売り上げ増を発表、通年の見通しも引き上げ、買われた。鉄道会社のカンザスシティー・サザン(KSU)は同業カナディアン・ナショナル・レールウェイ(CNR)が同社買収提案を撤回、カナディアン・パシフィック(CP)による買収合意で、上昇。エネルギー会社のマラソンオイル(MRO)やオキシデンタル(OXY)は原油価格の上昇に連れ買われた。一方、コーヒーチェーンのスターバックス(SBUX)はレストランチェーンのヤムチャイナ(YUMC)がコロナ変異株流行で、第3四半期の業績を下方修正したことを受け、警戒感が広がり売られた。

株式投資家の恐怖心理の度合いを示すVIX指数は再び20を割り込み、18.01まで低下した。

Horiko Capital Management LLC

Horiko Capital Management LLC

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場に向けて=AI・5Gなどにテーマ物色の芽 (09/15)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月15日発表分) (09/15)
  3. ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月15日)
  4. 植物由来「CNF」に絶好のチャンス、脱炭素ニーズを捉え市場拡大へ <株探.. (09/15)
  5. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月15日版
  6. 「パワー半導体」が18位、個別材料相次ぎテーマ人気再燃<注目テーマ> (09/15)
  7. 新型コロナ克服へ急展開、注目必至の「コロナ薬」関連株を先取り <株探トップ.. (09/14)
  8. 9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> (09/14)
  9. 「アンモニア」が3位にランクイン、カーボンニュートラルで脚光<注目テーマ> (09/14)
  10. 本日の決算発表予定 … アスクル、アドバンスR (9月16日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】加速する進化“医療DX”が導く大相場の未来 特集
  2. 2
    発表迫る、低PERの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    グローバルウェイは大幅に4日続伸、「GameTomodachi」は10月26日にリリース決定 材料
  4. 4
    大相場の萌芽、「医療DX&最先端医療」で輝き放つ“進化系6銘柄” <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    10万円以下で買える、大幅増益&低PER 21社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.