ログイン
米国株
2022年6月24日 7時00分
市況

NY株式:NYダウ194ドル高、パウエルFRB議長の議会証言を好感

米国株式市場は反発。ダウ平均は194.23ドル高の30677.36ドル、ナスダックは179.11ポイント高の11232.19で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の高インフレへの対応を最優先する姿勢を好感した買いに寄り付き後、上昇。6月製造業PMIの悪化を受けて一時下落に転じる局面もあったが議長が景気後退は必然ではないと言及したため安心感が広がり上昇に転じた。また、金利の低下を受けたハイテクの買いが相場を支え、主要株式指数は引けにかけて上げ幅を拡大。セクター別では、耐久消費財・アパレル、家庭・パーソナル用品が上昇した一方で、エネルギーが下落した。

エネルギー資源会社のオクシデンタル・ペトロリアム(OXY)は著名投資家バフェット氏が率いるバークシャーハサウェイが同社株を960万株追加購入したことが明らかになり上昇。クラウドベースのプラットフォームを供給するスノーフレーク(SNOW)や共同のワークスペースを提供するウィワーク(WE)はアナリストの投資判断引上げで、それぞれ上昇した。ドラッグストアチェーンのライトエイド(RAD)は第1四半期決算で売上が予想を上回り、さらにアナリストの目標株価引き上げで買戻しに拍車がかかり、上昇。また、住宅建設会社のKBホーム(KBH)も住宅価格の上昇が支援した良好な決算が好感され大幅高。

拳銃メーカーのスミス&ウェッソン(SwBI)は、最高裁判所がNY州の銃刀法規制を緩和したため、買われた。一方で、航空会社のユナイテッド(UAL)は、パイロットやスタッフの不足による遅延を回避するためハブ空港であるニュ?ジャージー州、ニューワーク発着する国内線の便数を12%減らすと発表し、下落。同業のデルタ(DAL)やアメリカン(AAL)も連れ安となった。半導体のインテル(INTC)は声明を発表し、もし、議会が半導体不足対処する法案を成立させなければオハイオ工場の建設が遅れる可能性を警告たため、下落。

運動会社のフェデックス(FDX)は取引終了後に決算を発表。調整後1株利益が予想を上回ったため、時間外取引で買われている。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場に向けて=「シンボルストック狩り」相場の行方 (06/23)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月23日発表分) (06/23)
  3. 波乱相場はゲーム株の活躍局面、オイルマネー流入で見直し本格化 <株探トップ.. (06/23)
  4. 好調継続の中小型株、23年3月期【連続増益】リスト〔第1弾〕 <成長株特集> (06/23)
  5. 1000万~2000万円の損を乗り越え、500万円を10億円にした「勢い投資」 (06/23)
  6. エニーカラー上場で脚光、「Vチューバー関連株」に急成長の夢膨らむ <株探.. (06/22)
  7. 「FRB・高ボラ・ピンポン相場」で、割安性よりも注目するものは (06/22)
  8. 世界エネルギー危機を救え、LNG関連株に長期成長観測強まる <株探トップ特集> (06/21)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 6月22日版
  10. 本日の決算発表予定 … 日本オラクル、YEデジタル (6月24日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕30社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月5日発表分) 注目
  3. 3
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月5日現在) 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─3大支援材料に後押しされ、秋高相場の助走期に! 市況
  5. 5
    「メタコマース」に視線集中、メタバースとリテール融合の大旋風始まる <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.