ログイン
米国株
2022年7月8日 9時10分
材料

ファナック、安川電など中国関連株が上昇、中国の巨額の経済対策観測が追い風に

ファナック<6954>、安川電機<6506>などFA関連や、コマツ<6301>、日立建機<6305>といった建機株に投資資金が流入している。

中国政府が大規模な経済政策を打ち出すとの観測から、前日の欧州株市場は全面高となったが、東京市場でも中国関連に位置付けられる銘柄群にビジネスチャンス拡大を見込んだ買いが入っている。中国では日本円で約30兆円相当の特別債を発行しインフラ投資を加速させる方向にあることが伝えられており、これに伴い中国向け売上比率の高い日本メーカーには追い風が意識されている。なお、きょう引け後には安川電の22年3~5月期決算発表が予定されており、この内容にもマーケットの関心が高い。

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 投機でバブル崩壊、リーマンを乗り越えさせた「登山・将棋・洋書」 (07/05)
  2. 気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探.. (07/06)
  3. 上方修正“先回り”、22年6月上期【業績上振れ】候補 28社選出 <成長株特集> (07/07)
  4. 行動制限緩和で人手不足再燃、「アルバイト関連」株が飛躍ステージへ <株探.. (07/07)
  5. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月6日版
  6. 「原子力発電」が4位、キシダノミクスで「国策に売りなし」の潮流<注目テーマ> (07/05)
  7. 7月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (07/05)
  8. 猛暑列島ニッポン、電力需給逼迫で救世主「蓄電池」に活躍の舞台 <株探トップ.. (07/04)
  9. IPO市場にトレンド変化、2つの“メガ要因”が長期基調変える <株探トップ特集> (07/05)
  10. 最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集> (07/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月27日発表分) 注目
  2. 2
    2022年「ノーベル賞」発表目前、日本人受賞へ期待高まる 有望株総点検 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場に向けて=逆境相場も「リベンジ消費」が投資資金誘導 市況
  4. 4
    大谷正之氏【日経平均2万7000円割れ、下値メドと反発時期は】 <相場観特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):gumi、タムラ、日立造 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.