ログイン
米国株
2022年8月4日 20時00分
注目

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月4日発表分)

【好材料】  ――――――――――――

■高田工業所 <1966> [東証S]

4-6月期(1Q)経常は4.5倍増益で着地。

■LIFULL <2120> [東証P]

今期最終を一転黒字に上方修正。

■FRONTEO <2158> [東証G]

慶應義塾大学と会話型認知症診断支援AIプログラムを開発。

■アイロムグループ <2372> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は3.3倍増益で着地。

■キッコーマン <2801> [東証P]

非開示だった今期最終は5%増で10期連続最高益、未定だった配当は61円実施。

■東急不動産ホールディングス <3289> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は2.7倍増益で着地。

■SUMCO <3436> [東証P]

上期経常が2.4倍増益で着地・4-6月期も2.4倍増益。

■セーレン <3569> [東証P]

上期経常を6%上方修正、通期も増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の2.8%にあたる150万株(金額で30億円)を上限に自社株買いを実施する。

■TIS <3626> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は27%増益で着地。

■チェンジ <3962> [東証P]

千葉銀行 <8331> [東証P]と協働開発し、「自治体職員向けDX人財育成プログラム」の提供を開始。

■協和キリン <4151> [東証P]

今期最終を19%上方修正。

■ゼリア新薬工業 <4559> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は43%増益で着地。

■シンバイオ製薬 <4582> [東証G]

上期経常が黒字浮上で着地・4-6月期は194倍増益。

■有沢製作所 <5208> [東証P]

上期最終を一転20%増益に上方修正、通期も増額、未定だった配当は90円実施。

■中山製鋼所 <5408> [東証P]

今期経常を一転65%増益に上方修正。

■淀川製鋼所 <5451> [東証P]

非開示だった上期経常は54%増で17期ぶり最高益、未定だった上期配当は5円増配。

■大阪チタニウムテクノロジーズ <5726> [東証P]

非開示だった今期経常は黒字浮上、未定だった配当は3期ぶり15円で復配。

■UACJ <5741> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は72%増益で着地。

■ニッパツ <5991> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は44%増益で着地。

■平和 <6412> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は81%増益で着地。

■SANKYO <6417> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は8.2倍増益で着地。

■ミネベアミツミ <6479> [東証P]

ホンダロックの全株式を本田技研工業 <7267> [東証P]から取得し子会社化する。

■キッツ <6498> [東証P]

今期経常を21%上方修正、配当も6円増額。

■芝浦メカトロニクス <6590> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は3.1倍増益で着地。

■IDEC <6652> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は46%増益で着地。

■日本シイエムケイ <6958> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は3.2倍増益で着地。

■日本ケミコン <6997> [東証P]

上期経常を17%上方修正、通期も増額。

■フォースタートアップス <7089> [東証G]

4-6月期(1Q)経常は35%増益で着地。

■曙ブレーキ工業 <7238> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は65%増益・通期計画を超過。

■東京計器 <7721> [東証P]

ナブテスコ <6268> [東証P]と舶用機器における共同開発を開始。

■ニコン <7731> [東証P]

今期最終を11%上方修正。

■HOYA <7741> [東証P]

非開示だった上期最終は7%増益へ。また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.44%にあたる520万株(金額で600億円)を上限に自社株買いを実施。8月16日付で470万3700株を消却する。

■エイベックス <7860> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は11倍増益で着地。

■ルックホールディングス <8029> [東証S]

上期経常を2.2倍上方修正。

■加賀電子 <8154> [東証P]

今期経常を一転14%増益に上方修正・最高益更新へ。

■エイチ・ツー・オー リテイリング <8242> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は黒字浮上・上期計画を超過。

■三井不動産 <8801> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は2.4倍増益で着地。

■西武ホールディングス <9024> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は黒字浮上で着地。

■日新 <9066> [東証P]

今期経常を一転12%増益に上方修正・最高益、配当も6円増額。

■日本通信 <9424> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は7.2倍増益で着地。

■スクウェア・エニックス・ホールディングス <9684> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は49%増益で着地。

■リリカラ <9827> [東証S]

上期経常は107倍増益で上振れ着地。

【悪材料】  ――――――――――――

■BEENOS <3328> [東証P]

10-6月期(3Q累計)経常が53%減益で着地・4-6月期も82%減益。

■FOOD & LIFE COMPANIES <3563> [東証P]

今期最終を66%下方修正。

■CRI・ミドルウェア <3698> [東証G]

今期経常を68%下方修正。

■KHネオケム <4189> [東証P]

上期経常が18%減益で着地・4-6月期も63%減益。

■BASE <4477> [東証G]

上期経常が赤字拡大で着地・4-6月期も赤字拡大。

■タカラバイオ <4974> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は46%減益で着地。

■三井E&Sホールディングス <7003> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は赤字転落で着地。

■エフ・シー・シー <7296> [東証P]

今期最終を一転6%減益に下方修正。

■A&Dホロンホールディングス <7745> [東証P]

4-6月期(1Q)経常は赤字転落で着地。

■ユニ・チャーム <8113> [東証P]

上期最終が21%減益で着地・4-6月期も25%減益。

※8月4日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む

[2022年8月4日]

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場に向けて=トヨタ・任天堂決算に見えた円安恩恵の限界 (08/04)
  2. コロナ禍が普及促進、「ダイナミックプライシング」導入で躍動する銘柄群 <株探.. (08/04)
  3. “好発進”企業を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月4日版
  4. ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月04日)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):日東紡、静ガス、ビプロジー (08/04)
  6. 武者陵司「安倍元首相追悼セミナー講演録 アベノミクスの歴史的功績と日本の.. (08/04)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月3日版
  8. 40年度に69万人足りない!人材不足ニーズ追い風に「介護テック」は拡大へ.. (08/03)
  9. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (8月4日)
  10. 明日の決算発表予定 レーザーテク、伊藤忠、丸紅など376社 (8月4日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★リブセンス、EDP、トレンダなどに注目! 注目
  3. 3
    本日注目すべき【好決算】銘柄 トレンダ、フェローテク、シチズン (12日大引け後 発表分) 注目
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円で買える"株 市況
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月12日発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.