ログイン
米国株
6183東証1貸借
業種 サービス業

ベルシステム24ホールディングス 株価材料ニュース

1,715
-11
-0.64%
業績
(15:00)
株価は20分ディレイ
リアルタイムに変更する
2021年5月31日 15時05分
特集

ベルシス24 Research Memo(5):2022年2月期も、堅調なアウトソーシング需要を背景に増収増益を予想

■ベルシステム24ホールディングス<6183>の業績動向

2. 2022年2月期連結業績予想

同社グループは、主要ビジネスであるCRM事業を中心に、既存クライアントとの取引拡大及び伊藤忠グループや凸版印刷の多様な企業ネットワークを活用した新規クライアント獲得強化による売上規模拡大に加え、人件費増に対応する適切なサービス価格設定の実施と、業務の効率化及びコストコントロールの徹底による収益性向上との相乗効果により、収益基盤の拡充策を強力に展開する計画だ。

また、最先端の技術を活用したソリューションの提供など、新しい顧客体験の実現に向けた取り組みを進め、クライアント企業の期待水準を上回るビジネス価値を創造する。従業員に対しては、コンタクトセンター業務に必要なスキルを業務配属前に手厚く教育する就業支援施設の全国展開や、女性活躍を始めとするダイバーシティへの取り組み、障がい者の積極的な雇用など、より多様な働き方を実現する環境整備の取り組みを続ける考えだ。

こうした取り組みを踏まえ、2022年2月期は売上収益139,000百万円(前期比2.4%増)、営業利益12,200百万円(同3.4%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益7,800百万円(同7.6%増)の増収増益を計画する。売上収益では、前期の大型スポット業務終了の反動減はあるものの、前期には積極的な営業活動ができなかった継続業務において、社会構造の変化などを受けた堅調なアウトソーシング需要を背景にした増収を見込む。また、営業利益段階では、DX推進により戦略・先行投資が増加するものの、新規取り組み強化などにより継続業務は安定拡大するうえ、前期の減損損失の反動もあって増益を予想する。未だにコロナ禍の収束が見通せない不透明な経営環境の中で、増収増益を見込む意欲的な計画であるが、同社では例年、保守的な業績予想を発表していることに留意したい。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

《NB》

提供:フィスコ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 最高益上乗せ・増配企業で、株価過熱と押し目の見極めは ─ 和島英樹 (05/30)
  2. 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕28社選出 <成長株特集> (05/30)
  3. スマートリング登場で急浮上「ウェアラブル関連株」、決済・健康分野に新市場.. (05/29)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 外国人の買い攻勢を業績好調株で先取り! (05/30)
  5. 【アウトソーシング】関連の銘柄一覧
  6. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日本株出番のタイミングが迫る! (05/30)
  7. 【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】 ─ アフターコロナ銘柄に注目 (05/30)
  8. 【植木靖男の相場展望】 ─ 再び3万円大台に挑むか (05/29)
  9. バフェット流・高クオリティ戦略で、「ストレス卒業・億トレ昇格・早期リタイア.. (05/27)
  10. 好決算でも下落局面に立ち向かう! 「下げリスク縮小待ち」作戦とは (05/28)
▶︎この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

証券アプリのダウンロードについて

情報提供

株価予想
業績予想
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
各証券会社のスマホアプリを起動できます。アプリのインストールがまだの場合は、以下からダウンロードしてください。
SBI証券 株 アプリ
閉じる