ログイン
決算new! 2019/11/12 発表 上期経常が9%減益で着地・7-9月期も27%減益
7180東証1
業種 銀行業

九州フィナンシャルグループ 株価材料ニュース

490
-2
-0.41%
業績
(10:54)
株価は20分ディレイ
リアルタイムに変更する
2019年8月6日 19時15分
注目

★本日の【イチオシ決算】 シュッピン、五洋建、ワークマン (8月6日)

※決算発表の集中期間(7月24日~8月14日)は、『決算特報』を毎日3本配信します。

1.★本日の【サプライズ決算】 速報  <16時>に配信

2.★本日の【サプライズ決算】 続報  <18時>に配信

3.★本日の【イチオシ決算】      <21時>に配信

――――――――――――――――――――――――――――

【株探プレミアム】会員向けには、より早い"超速報"を毎日2本配信します。

1.★本日の【サプライズ決算】 超速報    <15時15分>に配信

2.★本日の【サプライズ決算】 超速報・続報 <15時40分>に配信

1)本日(8月6日)引け後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

【シュッピン <3179> 】 ★4-6月期(1Q)経常は53%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比53.4%増の5.2億円に拡大して着地。希少価値の高い高額品や人気ブランドなど品揃えの拡充が奏功し、時計事業の収益が拡大したことが寄与。買取価格の見直しや計画的な値引き施策の実施でカメラ事業の採算が急改善したことも大幅増益に貢献した。

上期計画の7.3億円に対する進捗率は71.5%に達しており、業績上振れが期待される。

●サプライズな決算発表・業績修正

五洋建設 <1893>   ★4-6月期(1Q)経常は20%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比20.4%増の81.3億円に伸びて着地。国内、海外ともに豊富な手持ち工事が順調に進み、24.4%の大幅増収を達成したことが寄与。

エスクリ <2196>   ★4-6月期(1Q)経常は32%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比31.9%増の4.9億円に拡大して着地。前期に出店した渋谷のブライダル施設が通期稼働したほか、既存店も堅調に推移したことが寄与。新規開業に伴う先行費用が減少したことも大幅増益の要因となった。不動産関連事業で前期に大型不動産を販売した反動があったものの、ブライダル事業の収益拡大で吸収した。

アドソル日進 <3837>   ★4-6月期(1Q)経常は29%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比28.6%増の2.9億円に伸びて着地。電力・ガス分野で自由化後の保守対応や事業再編関連の受注が増加したほか、旅行関連のシステム開発なども伸び、2ケタ増収を達成したことが寄与。プロジェクト管理の徹底による不採算案件の抑制や生産性向上に取り組んだことも大幅増益に貢献した。

りらいあ <4708>   ★4-6月期(1Q)経常は76%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比75.5%増の20.5億円に拡大して着地。流通や金融向けを中心にコンタクトセンター業務の受注が伸びたことが寄与。のれん償却費の減少に加え、採算管理を徹底したことなども大幅増益に貢献した。

ブランジスタ <6176> [東証M]  ★今期経常を29%上方修正

◆19年9月期の連結経常利益を従来予想の3億5000万円→4億5000万円に28.6%上方修正。電子雑誌業務、ソリューション業務ともに利益率の高い商材の獲得が増えたことが寄与。人件費が想定を下回ることに加え、ブランジスタゲームの全保有株売却に伴い、販管費が減少することも利益を押し上げる。

JVCケンウ <6632>   ★4-6月期(1Q)税引き前は86%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前利益は前年同期比85.6%増の16.3億円に拡大して着地。主力の自動車分野はOEM(相手先ブランドによる供給)における純正品の販売減少や中国景気の悪化を受けて収益が悪化したものの、会議システムやテレマティクスソリューション関連の販売拡大で補い、増収を確保した。販管費が減少したことなども大幅増益の要因となった。

エレコム <6750>   ★4-6月期(1Q)経常は23%増益で着地

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比23.3%増の32億円に伸びて着地。Windows10への切り替え需要を取り込み、パソコン関連の販売が伸びたほか、スマートフォン・タブレット関連で付加価値の高い製品が好調だったことが寄与。

ワークマン <7564> [JQ]  ★4-6月期(1Q)経常は53%増益、対通期計画72%進捗

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は前年同期比52.5%増の50.7億円に拡大して着地。アウトドアやスポーツ分野のプライベートブランド商品の拡充や新業態「ワークマンプラス」の出店効果などで、ワークマン既存店の売上高、客数がともに大きく伸びたことが業績を押し上げた。

上期計画の70.9億円に対する進捗率は71.5%に達しており、業績上振れが期待される。

ミツウロコG <8131>   ★4-6月期(1Q)経常は3.4倍増益・上期計画を超過

◆20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比3.4倍の20.1億円に急拡大して着地。営業基盤の拡大や他社との提携強化を通じ、法人、一般家庭向けの電力販売量が増加したことが寄与。燃料価格の下落でエネルギー事業の採算が急改善したことも利益拡大に貢献した。

上期計画の8億円をすでに2.5倍も上回っており、業績上振れが期待される。

2)8月7日の決算発表銘柄(予定) ★は注目決算

■取引時間中の発表

◆第1四半期決算:

<1802> 大林組

<2264> 森永乳

<2897> 日清食HD

<4061> デンカ

<5020> JXTG      ★

<6502> 東芝 [東2]

など26社

◆第2四半期決算:

<3105> 日清紡HD

など4社

■引け後発表

◆本決算:

<3660> アイスタイル

<3978> マクロミル

<6728> アルバック

<6920> レーザーテク

など13社

◆第1四半期決算:

<1721> コムシスHD

<1821> 三井住友建設

<1885> 東亜建

<3254> プレサンス

<3679> じげん

<4516> 日本新薬

<4680> ラウンドワン

<4686> ジャスト

<5711> 三菱マ

<5991> ニッパツ

<6005> 三浦工

<6541> グレイス

<6544> Jエレベータ

<6740> Jディスプレ

<7013> IHI

<7180> 九州FG

<7912> 大日印

<8252> 丸井G

<8354> ふくおかFG

<8725> MS&AD

<9006> 京急

<9984> SBG       ★

など135社

◆第2四半期決算:

<2579> コカBJH

<4004> 昭電工       ★

<4324> 電通

<4582> シンバイオ [JQG]

<5110> 住友ゴ

<6143> ソディック

<6235> オプトラン

<6326> クボタ       ★

<6425> ユニバーサル [JQ]

<6465> ホシザキ

<6481> THK

<8909> シノケンG [JQ]

など36社

◆第3四半期決算:

<2120> LIFULL

<3563> スシローGH

<3668> コロプラ

<4424> Amazia [東M]

など8社

合計222社

※「株探」では、株価、PER、利回りなどを併記した【決算発表・業績修正】銘柄一覧をご覧いただけます。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月6日版
  2. 企業の通期【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! ⇒⇒ 詳細をみる (08/06)
  3. ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月06日)
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 23社選出 <成長株特集> (08/04)
  5. 大化け株を【四季報】で探す、5ブロック活用術 (06/18)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第2回> (08/02)
  7. 雨宮京子氏【続急落、円高受け波乱の日経平均ここからの展望】(2) <相場観特集> (08/05)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ トランプ爆弾、再び! (08/04)
  9. 熱き冷戦、「冷凍食品」関連株に意外高の芽、消費増税にらみ評価一変.. (08/05)
  10. サイバー防衛関連“2019夏の大玉花火”、急騰の宴が近づく5銘柄.. (08/03)
▶︎この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

証券アプリのダウンロードについて

情報提供

株価予想
業績予想
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
各証券会社のスマホアプリを起動できます。アプリのインストールがまだの場合は、以下からダウンロードしてください。
SBI証券 株 アプリ
閉じる