決算速報

2018年9月21日 15時00分
【決算】 タカギセイコ、上期経常を一転46%減益に下方修正、通期も減額【連結】

 タカギセイコー <4242> [JQ] が9月21日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の9.5億円→5.1億円(前年同期は9.4億円)に46.3%下方修正し、一転して46.2%減益見通しとなった。
 上期業績の悪化に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の21.4億円→15.2億円(前期は22.9億円)に29.0%下方修正し、減益率が6.6%減→33.6%減に拡大する見通しとなった。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  当第2四半期連結累計期間の売上高は、車両分野向け大型カスタム成形部品の受注数量の減少、針無し注射器部品の米国審査機関での認可取得に、当社が想定したよりも時間を要していることにともなう本格量産の遅れや、金型受注高の減少が見込まれるものの、ノートパソコン用筐体部品の受注の増加等もあり、売上高は概ね前回発表数値通りに推移する見通しであります。しかしながら損益面では、上記の減収要因による機会損失の発生等により、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益ともに前回発表の数値を下回る見通しとなりました。 また、通期の業績予測につきましても、第2四半期連結累計期間の業績予測に加え、車両分野向けカスタム成形部品等の受注数量の減少及び想定為替レートの見直し等により、売上高、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期純利益ともに、前回発表の数値を下回る見通しとなりました。※上記の予測は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因によって大きく異なる結果となる可能性があります。

業績予想の修正

今上期【修正】

決算期
旧   18.04-09
新   18.04-09
修正率
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
25,760 1,130 950 420 154.6 10
2018-05-14
連結
25,830 640 510 70 25.8 10
2018-09-21
連結
+0.3 -43.4 -46.3 -83.3 -83.3 %

今期【修正】

決算期
旧   2019.03
新   2019.03
修正率
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
52,920 2,470 2,140 1,060 390.1 20
2018-05-14
連結
52,500 1,750 1,520 520 191.4 20
2018-09-21
連結
-0.8 -29.1 -29.0 -50.9 -50.9 %

今期の業績予想

決算期
    17.04-09
予   18.04-09
前年同期比
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
23,797 1,076 948 502 36.8 0
2017-11-10
連結
25,830 640 510 70 25.8 10
2018-09-21
連結
+8.5 -40.5 -46.2 -86.1 -30.0 %

今期【予想】

決算期
    2017.03
    2018.03
予   2019.03
前期比
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
45,787 2,605 2,261 1,362 101.0 0
2017-05-12
連結
51,905 2,540 2,290 1,520 559.5 10
2018-05-14
連結
52,500 1,750 1,520 520 191.4 20
2018-09-21
連結
+1.1 -31.1 -33.6 -65.8 -65.8 %
 上記の業績表について

タカギセイコーをもっと詳しく

前後の決算速報

【決算速報】の一覧を見る

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 本日の【決算・業績修正】銘柄一覧
  2. まだ間に合う、9月配当【高利回り】ベスト30 「2部・新興他」編 <割安株特集> (09/20)
  3. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月19日版
  4. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (09/20)
  5. 「RPA」への関心続く、働き方改革に伴う業務効率化で導入加速<注目テーマ> (09/21)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%