ログイン
2018年2月18日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 金融マーケット“春の乱”の正体は?

「金融マーケット“春の乱”の正体は?」

●債券バブル崩壊orイエレン・ショック?

いや~、ビックリである。世界の株式市場の時価総額は5兆ドル(540兆円)がふっ飛んだ。多くの投資家が「何が起こったのだ?」と身構えたことだろう。日経平均株価は1月23日の2万4129円(ザラバ)を高値に、2月14日には2万0950円(同)の安値まで売り込まれた。下落幅は3179円、下落率は13.2%となる。

感覚的にはガラ(崩落)に近い。なぜ、こんなに下げる必要があったのだろうか。金融マーケット“春の乱”はNY市場発だ。長期金利の上昇→債券バブル崩壊とか、イエレン・ショックなどといわれているが、基本は投機筋(ヘッジファンド)の売り仕掛けだろう。

これにポートフォリオ・インシュアランス、リスク・パリティなどのヘッジ売りが共鳴、売りが売りを呼ぶ展開となった。彼らはプログラム売買&アルゴリズム取引を駆使し、機械的に売る。ブラック・マンデー(1987年10月19~20日)と同じ構図である。

イエレン女史(前FRB議長)は退任3日前の2月1日引け後に、銀行ストレステストの概要を公表した。それにはNYダウ平均の下値メドを何と、「9689ドル」に設定してあった。NYダウの急落が2日から始まったことを考えると、イエレン・ショックはマトを射ている。

●パウエルFRB議長は銀行規制緩和論者!

ただし、パウエルFRB議長はイエレン女史と違って、銀行規制緩和論者だ。こんなバカバカしいストレステストは内容が修正されるだろう。さらに、2月28日には新議長の議会証言がある。コーンNEC(国家経済会議)委員長は「銀行規制緩和法案」を議会に提出する。

日本では黒田日銀総裁の続投方針が固まった。金融マーケットの不安要因は徐々に解消されつつある。もちろん、1ドル=106円台突入の円高進行は気掛かりだ。主力企業の想定為替レートは109円66銭といわれている。しかし、企業の稼ぐ力、円高対応力は一段と強固になっている。

ちなみに、上場企業の最終利益は1996年度(6月26日に日経平均は2万2666円の戻り高値)が5兆円、2015年度(6月24日に同2万0868円の戻り高値)が29兆円だったが、今年度は41兆円に増える。早晩、この収益力を評価する場面があろう。

一方、物色面では「入れ食い状態」だが、企業内容を厳選し、3月末に1対2の株式分割を行う日本M&Aセンター <2127>5G関連の原田工業 <6904> [東証2]、電子カルテのソフトウェア・サービス <3733> [JQ]、売られすぎのみらいワークス <6563> [東証M]などを拾いたい。ただし、ていねいに買い下がる戦術が有効である。

2018年2月15日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 円高リスク少ない内需株、10-12月期“好調継続"リスト〔第2弾〕 <成長株特集> (02/18)
  2. 大相場の足音――「パワー半導体関連」仕込み場のワケ <株探トップ特集> (02/17)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月16日現在)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ バフェット“賢者の流儀”、急落を勝機に! (02/18)
  5. 中村潤一の相場スクランブル 「波乱に勝つ株、いま浮かび上がる最強の選択肢」 (02/14)
  6. 10万円以下で買える、高進捗率&低PBR「お宝候補」22社 【東証1部】編 <割安株.. (02/16)
  7. 【今週読まれた記事】円高も米株高で反発、底打ちか? (02/17)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ハーモニック (02/18)
  9. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「デッドクロスする25日・75日線」 (02/17)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:FOMC議事録、米貿易摩擦、円高進行 (02/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月16日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=「三空踏み上げ」の先に広がる景色 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月16日) 注目
  4. 4
    人材関連にフォローの風、政策支援で急浮上するハイスペック銘柄を追え <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    本番突入「半導体関連」逆襲高のステージ、EUV技術が開拓する新たな地平 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.