市場ニュース

2018年3月21日 8時50分
【通貨】 今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆130円台後半で上げ渋る可能性


ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ECBは2019年のユーロ圏のインフレ見通しを引き下げており、ユーロは対米ドルで上げ渋る状態がしばらく続くと予想される。

本日のユーロ・円は130円台で推移か。ユーロ売り・米ドル買いは一巡しつつあるが、米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロの対円レートは130円台後半で上げ渋る見込み。

《MK》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 為替週間見通し:ドルはもみ合う展開か、米主要経済指標を見極める展開 15:03
  2. ユーロ週間見通し:もみ合いか、ECB理事会の結果判明を待つ状況 15:01
  3. 英ポンド週間見通し:弱含みか、8月利上げ観測はやや後退 15:00
  4. 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、4-6月期消費者物価指数に注目 14:59
  5. 7月20日のNY為替概況 7/21

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る