市場ニュース

2018年4月19日 11時50分
【経済】 焦点は企業業績へ、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

4/19付の「DailyOutlook」では、日経平均予想PERについて考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『14日の米英仏によるシリア攻撃にもかかわらず、週明け16日の世界の株式市場で大きな混乱は確認されなかった。市場の不透明要因に対する耐性は、大分、備わってきたと言えるだろう。こうした中、米国では1~3月期の決算発表本格化を迎えている。主要企業の好決算を好感し、米国株式市場は戻り歩調にある。米国市場の焦点は企業業績に移ってきたようだ』と伝えています。

続けて、日本も3月期決算企業の決算発表シーズンが近づいており、市場の注目点は企業業績へ移っていく可能性があることを挙げ、『アベノミクス相場が本格化した2013年以降における日経平均の予想PER平均は15.42倍。18日の日経平均の予想PERは12.94倍であるが、2013年以降で日経平均の予想PERが13倍を下回っていた局面は今回を除いて2度あった。中国景気減速懸念に端を発した2016年2月、英国のEU離脱(Brexit)を巡る国民投票を起因とした2016年6~7月である。何れも、その後の株価は上昇へ転じている』と分析しています。

さらに、『日経平均の予想PER13倍未満はバリュエーション面からみて下方へオーバーシュートしたゾーンと考えられよう。事業環境は悪化しておらず、企業業績は堅調推移が見込まれる。今後、マーケットの焦点がファンダメンタルズへ移ると、現状の株価は上方への水準訂正余地があるだろう』とまとめています。

最後にレポートでは、『日経平均と日経平均予想PERの推移』をグラフにして紹介していますので、詳しくは4/19付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ “春の嵐”はようやく収束に向かう! (04/15)
  2. キーワードは“専門性”、人材関連銘柄「次の狙い」 <株探トップ特集> (04/16)
  3. 有賀泰夫の有望株リサーチ (04/17)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 中長期で狙える“回復初動”銘柄! (04/15)
  5. 2万2000円「関門突破」で注目したい“最新大幅増益”株 <株探トップ特集> (04/18)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨