ログイン
2018年5月14日 15時32分
材料

翻訳センター---18/3期は営業利益が15.0%増、売上高及び利益ともに過去最高を更新

翻訳センター<2483>は11日、2018年3月期(17年4月-18年3月)連結決算を発表した。売上高が前期比3.9%増の106.18億円、営業利益が同15.0%増の8.02億円、経常利益が同16.1%増の8.12億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同27.5%増の5.66億円となった。

セグメント別では、翻訳事業は、特許分野では、特許事務所における受注が好調に推移した。医薬分野では、国内外の製薬会社との安定した取引に加え、CRO(医薬品開発受託機関)や医療機器関連企業における受注が拡大した。工業・ローカライゼーション分野では、自動車関連企業からの受注が好調に推移したことに加え、株式会社メディア総合研究所の連結効果があった。金融・法務分野では、企業の管理系部署との取引は好調なものの、金融機関向けの売上が伸長しなかった。

派遣事業は、語学スキルの高い人材を派遣する派遣事業においては、金融関連企業やITサービス関連企業、医薬品関連企業からの求人が好調に推移した。

通訳事業は、大手情報通信関連企業や医薬品関連企業、IR通訳案件などの受注が好調に推移した。

語学教育事業は、通訳者・翻訳者育成講座の集客が前期を下回った。

コンベンション事業は、大型国際会議の多かった前期の反動減があった。

その他のセグメントは、外国への特許出願に伴う明細書の作成や出願手続きを行う株式会社外国出願支援サービスが好調に推移したこと、また株式会社メディア総合研究所のIT事業の売上が加わった。

2019年3月期通期については、売上高が前期比13.0%増の120.00億円、営業利益が同12.2%増の9.00億円、経常利益が同10.8%増の9.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同5.8%増の6.00億円を見込んでいる。

《MW》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 10万円以下で買える、売上&経常最高「お宝候補」8社【2部・新興】編 <割安株.. (05/13)
  2. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ “日替わりメニュー”の世界を乗り切るには… (05/13)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月11日現在)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “堅調”日本株、後押しする2つの円安要因 (05/13)
  5. 高成長企業を探る! 19年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月11日版
  6. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 36社選出 <成長株特集> (05/13)
  7. 勝ち続ける小売り この「最高益更新銘柄」に熱視線 <株探トップ特集> (05/10)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ エルミック (05/13)
  9. 中村潤一の相場スクランブル 「上昇旋風再び 風雲急の“急騰予備軍”7銘柄」 (05/09)
  10. AI・IoT時代の新潮流 ターゲットは「予知保全」関連株 <株探トップ特集> (05/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月25日発表分) 注目
  2. 2
    パウエル議長、FBの「LIBRA」を綿密に監視【フィスコ・ビットコインニュース】 通貨
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★JESCO、パレモHD、ピックルスなどに注目! 注目
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月26日記) 市況
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.