ログイン
2018年5月17日 8時08分
材料

G-7ホールディングス---18/3期は2ケタ増益、19/3期は稼ぐ力に磨きをかけて引き続き増収増益見込む

G-7ホールディングス<7508>は14日、2018年3月期連結決算を発表した。売上高が前期比8.6%増の1,198.16億円、営業利益が同11.0%増の43.24億円、経常利益が同12.5%増の45.68億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同27.3%増の26.48億円となった。

「売上確保、粗利率アップ、在庫コントロール、経費コントロール」のグループ方針の実践を継続し、人づくり、組織づくりの再構築を図り、国内外の収益力強化に取り組んだ。また、グループ一体となったG-7モールフェスティバル等のイベントを積極的に行うなど販売強化対策を実施した。

セグメント別では、オートバックス・車関連事業は、売上高が前期比10.1%増の374.46億円、営業利益が同36.8%増の16.51億円となった。

主力商品であるタイヤ・ホイールを中心にカー用品の拡販や車検・ 板金等のカーメンテナンスを拡充した。国内タイヤメーカーの値上げに伴う駆け込み需要や早期の降雪と寒波の影響によりタイヤ販売が好調に推移した事や、安全運転に対する意識の高まりからドライブレコーダー販売も伸長した。また、当連結会計年度にCrownTradingを連結子会社化したこと、事業譲受により「オートバックス」を兵庫県に1店舗(豊岡店)、京都府に1店舗(東福知山店)譲受け収益力強化に取り組んだ。

業務スーパー・こだわり食品事業は、売上高が前期比7.7%増の756.32億円、営業利益が同9.9%増の26.51億円となった。

食材を低価格で提供する業務スーパー及び精肉販売のテラバヤシが堅調に推移した。また、こだわり食品事業が新規取引先の販路開拓や厳選した付加価値の高い商材の販売等により、好調に推移した。

その他事業は、売上高が前期比9.8%増の67.37億円、利益面は、新店の出店経費等の増加もあり、営業損失は 1.08億円(前期は1.24億円の利益)となった。

2019年3月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比8.5%増の1,300.00億円、営業利益が同15.6%増の50.00億円、経常利益が同20.4%増の55.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同5.7%増の28.00億円としている。

人づくり、組織づくりの再構築を図ると共に、売上から利益重視の生産性向上を図り、稼ぐ力に更に磨きをかけて収益力を拡大し、事業基盤の構築に向けた経営体制の強化に努めていく。

《NB》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 見逃された好決算――“大幅増益&割安”掘り出し銘柄リストアップ <株探トップ.. (05/16)
  2. 5月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/15)
  3. 材料株夏の陣! 燃え上がる株高トレンド「究極の10選」 <株探トップ特集> (05/15)
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月16日版
  5. 「ブロックチェーン」関連相場、国策追い風に本格化へ 電子政府でも必須に<注目.. (05/15)
  6. 買い場到来【パラボリック陽転】低PER 32社選出 <テクニカル特集> 5月16日版
  7. 高成長企業を探る! 19年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月15日版
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 36社選出 <成長株特集> (05/13)
  9. AI・IoT時代の新潮流 ターゲットは「予知保全」関連株 <株探トップ特集> (05/12)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “堅調”日本株、後押しする2つの円安要因 (05/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:レオパレス、三越伊勢丹、しまむら 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月24日) 注目
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、しまむら、三越伊勢丹 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):Gunosy、ハウス食G、そーせい 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.