市場ニュース

2018年6月23日 2時39分
【通貨】 ビットフライヤー、新規口座開設を一時停止、BTCの更なる売り要因に【フィスコ・ビットコインニュース】


 日本の金融庁は22日、マネーロンダリング(資金洗浄)対策や顧客保護などの管理態勢が不十分だとして仮想通貨交換業者の正式登録業者6社に対して、資金決済法に基づき業務改善を命じた。対象となったのは、ビットフライヤー、QUOINE、ビットバンク、BTCボックス、ビットポイントジャパン、テックビューロ。金融庁は、昨年秋以降、業容が急激に拡大する中で、「内部管理態勢が追いついていない。どの会社も共通して、経営陣が十分な対応、戦略上の意思決定をしていない」と指摘した。

これを受け、日本最大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーは22日、顧客の新規口座開設を一時停止することを決定。ビットコイン市場では新たな売り材料となった。

ビットコインは22日、米国市場に入っても売り圧力が止まず米国東部時間正午前営業日比8.4%下落の6156ドルで推移。2月に付けた5922ドルを試す展開となった。

《KY》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%

関連記事・情報

  1. 為替週間見通し:ドルはもみ合う展開か、米主要経済指標を見極める展開 7/21
  2. ユーロ週間見通し:もみ合いか、ECB理事会の結果判明を待つ状況 7/21
  3. 英ポンド週間見通し:弱含みか、8月利上げ観測はやや後退 7/21
  4. 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、4-6月期消費者物価指数に注目 7/21
  5. 7月20日のNY為替概況 7/21