ログイン
2018年9月19日 16時24分
特集

ビューティ花壇 Research Memo(4):単価下落の影響や競争激化により業界淘汰が加速される可能性が高い

■市場環境

1. 生花祭壇事業

ビューティ花壇<3041>の主力である「生花祭壇事業」の業績は、全国の葬儀件数や1件当たりの葬儀業売上高との相関性が高い。2013年から2017年の年間死亡者数、葬儀件数、葬儀業売上高の推移を見ると、年間死亡者数は年平均1.5%増と年々緩やかに増加しているなかで、それに連動して葬儀件数や葬儀業売上高もわずかながら拡大傾向している。年間死亡者数が増加しているのは、高齢者人口が増加していることが背景にあるが、人口構成から判断すると今後も1ケタ台前半の伸びが続くものと考えられる。

一方、1件当たりの葬儀業売上高は、2013年の1,413千円から2017年の1,406千円と若干下落傾向が見られる。消費者の意識の変化による葬儀の小規模化(簡素化)に加え、比較的参入障壁が低い業界であるがゆえに、異業種からの参入や、低価格パッケージを売りとしたフランチャイズ・チェーンの出現など、市場競争が激化していることが要因である。したがって、今後、企業体力や経営効率に勝る大手を中心として再編が進展することが予想される。また、最近では受注件数の増加策として、ネット受注の強化や直葬への対応が益々重要となっているようだ。

同社のような生花祭壇業を営む事業者は、地域に密着した中小・零細規模の専業者が多いほか、大手の葬儀関連会社が内製化しているところもみられる。前述した葬儀関連業界における環境変化は、当然ながら生花祭壇事業者へのしわ寄せや交渉力にも影響を与え、業界淘汰が加速される可能性が高い。

2. 生花卸売事業

「生花卸売事業」の業績に影響を与える生花(切り花)取扱金額と本数の推移については、2013年からおおむね横ばいで推移してきた。ただ、花卉の市場相場が下落したこともあり、やや減少傾向が続いている。

3. ブライダル装花事業

少子化の影響や婚姻率の低下により婚姻件数は減少傾向にあるが、晩婚化やゲストハウスウェディングの普及に伴い単価は高水準で推移している。したがって、この領域でのシェア拡大が大きな課題となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」26社 【2部・新興】編 .. (09/16)
  2. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> (09/17)
  3. 勢いづく「IT投資関連株」、改元・消費増税“特需”追い風の向かう先 <株探ト.. (09/18)
  4. 「電気自動車関連」に人気化機運再び、中国をはじめEVシフト加速へ<注目.. (09/18)
  5. 植木靖男氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(1) <相場観特集> (09/18)
  6. 高橋春樹氏【フシ突破で上昇加速! リスクオン相場は続くか】(3) <相場観特集> (09/18)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 全般相場に連れ安の“お宝銘柄”を仕込む! (09/16)
  8. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 最善を尽くし、時節の到来を待とうじゃないか (09/16)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月14日現在)
  10. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔総集編〕第4弾 23社選出 <成長株特集> (09/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月20日発表分) 注目
  2. 2
    不安定な相場に勝つ、「好業績・高進捗率・高ROE」3拍子揃った変身期待株7選 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場戦略=逆イールド台風通過、ゲーム&バイオに資金流入 市況
  4. 4
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
  5. 5
    今朝の注目ニュース! ★プロパスト、PI、ケーズHDなどに注目! New! 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.