ログイン
2018年9月22日 4時01分
通貨

仮想通貨が続伸、リップル主導で、SECはビットコインETFを先送り【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨相場は21日、リップルがけん引する形で続伸した。ビットコインは前日比5%の1BTC=6706ドルで推移、6500ドルを上回った。リップルは商業的な価値が増すとの期待感から47%上昇。米証券取引委員会(SEC)がCboe(シカゴオプション取引所)により申請されたビットコインETF(上場投資信託)の承認是非の判断を延期したとのネガティブな材料もかき消した。

投資会社VanEckと仮想通貨スタートアップのSolidXが構成しCboeに上場する機関投資家向けビットコインETFの申請に関しさらなる情報が必要だとし、SECは20日、承認是非の判断を再び先送りした。この申請に関しての判断の期限は12月後半となる。

ビットコイン投資家は、機関投資家の参加が望めるビットコインETFが上場されれば、相場のプラス材料になると期待感を強めている。特に、不正の対象になりやすい個人投資家ではなく、専門家である機関投資家を対象にした同ビットコインETFの申請が初めて承認される可能性が強いと見られている。ただ、仮想通貨取引の半分以上が海外で行われるため取り締まりが困難であることや、価格操作の管理が不十分との見方から、SECによる承認は来年以降になるとの悲観的な見方も強まりつつある。

《KY》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】“知の融合”で飛躍する材料株を発掘! 特集
  2. 2
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    今週の【話題株ダイジェスト】 サイステップ、upr、レイ (7月16日~19日) 注目
  4. 4
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:サマーラリーに乗れるか!?上昇期待の中小型株[その1]【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.