ログイン
2018年10月18日 14時47分
経済

米イールドカーブのスティープニングは一時的な現象か


 17日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)会合(9月25-26日開催)の議事要旨には、メンバーの過半数は、長期的に中立とみられる金利水準を一時的に上回ることを支持していたとの記述が含まれていた。中立的な水準について、市場関係者の多くは3%程度と想定している。

 17日の米国債券市場では、長期債などの利回り水準が上昇した。債券の利回り曲線は2年-10年などでスティープニング(長短金利差の拡大)が観測されており、米国経済が景気後退に陥る可能性は低いことを示唆する形状となった。ただ、インフレ加速を示唆する経済指標は出揃っていないとの見方が多いことから、市場関係者の間では「長期金利が持続的に上昇するとは思えない」との声が聞かれている。ドル・円相場については日米の株価と米長期金利の動向が手がかり材料になりそうだが、為替相場の方向性については予断を持てない状況が続く可能性がある。
《MK》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「QRコード」が5位にランクアップ、消費税増税でキャッシュレス決済への注目高.. (10/17)
  2. 「人工知能」関連がランキングトップ、AI投資に安倍政権も本腰<注目テーマ> (10/16)
  3. “急落の2週間”終了で狙いたい「見逃された上方修正」銘柄リスト <株探トップ.. (10/17)
  4. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  5. 大川智宏の「日本株・数字で徹底診断!」 第2回 (10/17)
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月17日版
  7. 「5G」が5位にランキング、シーテック2018開幕が刺激<注目テーマ> (10/18)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-2 (10/15)
  9. 急落後の“押し目買い”候補、「好業績&高進捗」リスト 〔第2弾〕 <成長株.. (10/14)
  10. 発表本番「米7-9月期決算」、好調確認なら“最高値路線”復帰の見方 <株探.. (10/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月23日記) 市況
  2. 2
    日電産、今期税引き前は22%増で2期ぶり最高益、5円増配へ New! 決算
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:かんぽ生命、国際石開帝石、三井物 注目
  4. 4
    東京為替:ドル・円は111円70銭台、投資家の多くは様子見姿勢に 通貨
  5. 5
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.