ログイン
2018年10月18日 19時50分
市況

【投資部門別売買動向】海外勢が現先合算で1.5兆円売り越す一方、個人が買い向かう (10月第2週)

●海外勢による現物・先物合算で1.5兆円の巨額な売り越しで日経平均が急落する中、個人が果敢に買い向かう

 東証が18日に発表した10月第2週(9日~12日)の投資部門別売買動向によると、米長期金利上昇を引き金とした米株急落を発端する世界株安連鎖で日経平均株価が前週末比1089円安と急落したこの週は、海外投資家が4週ぶりに売り越した。売越額は3290億円と9月1週以来およそ1ヵ月ぶりの大きさだった。海外投資家は先物の投資部門別売買動向でも日経平均先物とTOPIX先物の合計で2週ぶりに売り越し、売越額は1兆1987億円に達した。現物と先物の合算では1兆5277億円と巨額な売り越しとなった。株価急落の主因とみられていたヘッジファンドなどの海外勢の売りが確認された格好だ。証券会社の自己売買部門が2週連続で売り越し、売越額は3798億円と前週の2488億円から大きく膨らんだ。

 一方、個人投資家は2週連続で買い越し、買越額は前週比28.6倍の6023億円に急拡大した。今年2月の急落時にも7458億円を買い越しており、約8ヵ月ぶりの高水準となった。逆張り投資志向の強い個人投資家が果敢に買い向かった。投資信託部門は4週ぶりに買い越し、買越額は1047億円だった。

 海外投資家による現物と先物の合算で1兆5277億円の巨額な売り越しで日経平均が急落する中、個人投資家が果敢に買い向かった格好だ。


 ■投資部門別売買代金差額 (10月9日~12日)
  東証・名証2市場の1・2部と新興企業向け市場の合計[総合証券ベース(全50社)]
  ※単位:億円(億円未満切り捨て) ▲は売り越し

       海外投資家 信託銀行 個人合計 [  現金  信用 ] 日経平均 ( 前週比 )
10月 ―――
  第2週    ▲3,290   ▲731   6,023 [  3,742  2,280 ] 22,694円 ( -1089 円)
  第1週     5,757  ▲1,505    210 [ ▲1,076  1,286 ] 23,783円 ( -336 円)
9月 ―――
  第4週     3,770   ▲582  ▲3,363 [ ▲2,936  ▲427 ] 24,120円 ( +250 円)
  第3週     2,770   ▲644  ▲6,698 [ ▲4,862 ▲1,836 ] 23,869円 ( +775 円)
  第2週    ▲2,819    275  ▲2,203 [ ▲1,636  ▲567 ] 23,094円 ( +787 円)
  第1週    ▲5,279    287   3,697 [  2,243  1,453 ] 22,307円 ( -558 円)
8月 ―――
  第5週      483   ▲476  ▲2,363 [ ▲1,754  ▲608 ] 22,865円 ( +263 円)
  第4週     ▲840   ▲160   ▲437 [  ▲226  ▲210 ] 22,601円 ( +331 円)
  第3週    ▲3,449   ▲145   2,254 [  1,650   603 ] 22,270円 ( -27 円)
  第2週     ▲347    394    289 [   18   270 ] 22,298円 ( -227 円)
  第1週     ▲672    970    670 [  ▲204   874 ] 22,525円 ( -187 円)
7月 ―――
  第4週      859    52  ▲2,186 [ ▲1,941  ▲244 ] 22,712円 ( +14 円)
  第3週      319    301   ▲863 [ ▲1,062   198 ] 22,697円 ( +100 円)
  第2週     3,248   ▲21  ▲2,459 [ ▲1,930  ▲528 ] 22,597円 ( +809 円)
  第1週     ▲313    997    633 [   798  ▲165 ] 21,788円 ( -516 円)
6月 ―――
  第4週    ▲2,857   2,156    700 [   357   343 ] 22,304円 ( -212 円)
  第3週    ▲4,306   1,452   2,115 [  1,468   646 ] 22,516円 ( -334 円)
  第2週      317   ▲307  ▲1,426 [ ▲1,630   204 ] 22,851円 ( +157 円)
  第1週      205   1,118  ▲3,059 [ ▲2,404  ▲654 ] 22,694円 ( +523 円)


※「信託銀行」は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など年金基金の売買動向を映すとされる部門。「個人・現金」は個人投資家による現物取引の売買動向、「個人・信用」は個人投資家による信用取引の売買動向。
※日銀が金融緩和策の一環として実施しているETF(上場投資信託)の買い入れは、ETFを組成する証券会社の自己売買部門を通じて買い入れているとみられる。


株探ニュース

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  2. 明日の株式相場見通し=週末に伴い持ち高調整の売り、売買代金減少に警戒感 (10/18)
  3. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月18日発表分)
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔6-8月期〕 19社選出 <成長株特集> (10/18)
  5. ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月18日)
  6. 世紀の「大警備時代」がやってくる、ビッグイベント続き市場成長後押し <株探.. (10/18)
  7. 明日の決算発表予定 モバファク、KOAなど12社 (10月18日)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月18日)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):RPA、ALBERT、ワールド (10/18)
  10. 【↓】日経平均 大引け| 3日ぶり反落、米株安や中国株安で利益確定売り優勢 (10月18日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    日電産、今期税引き前は22%増で2期ぶり最高益、5円増配へ 決算
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月23日記) 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:かんぽ生命、国際石開帝石、三井物 注目
  4. 4
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    東京為替:ドル・円は111円70銭台、投資家の多くは様子見姿勢に 通貨
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.