ログイン
2018年11月9日 8時39分
市況

前場に注目すべき3つのポイント~利食い優勢の中、市場の関心はマザーズ指数に集まる

9日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:利食い優勢の中、市場の関心はマザーズ指数に集まる

■前場の注目材料:楽天、3Q営業利益11%増、コンセンサス上回る

■JR東日本、ドライバーレスを構想、課題洗い出す、山手線で年度内実証

■利食い優勢の中、市場の関心はマザーズ指数に集まる

9日の日本株市場は、前日の大幅上昇に対する利益確定の流れが優勢になりそうだ。8日の米国市場はまちまちの展開だった。注目のFOMCでは政策金利が据え置かれたものの、経済活動の拡大継続や堅調な労働市場がインフレに寄与するとして利上げ方針の維持を示唆。想定内ではあるが、発表後には小動きとなっている。また、原油先物相場の下落や半導体大手のクアルコムが発表した決算が嫌気されたことも重石となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の22465円。円相場は1ドル114円台前半で推移している。

決算がピークを迎えているほか、週末要因もあって日経平均は22500円を挟んだこう着といったところである。クアルコムは10-12月期の予想は売上高が45億-53億ドルで、市場コンセンサス(55億7千万ドル)に届かなかった。これが嫌気され、8%を超える下落となっており、ハイテク株は手掛けづらいところであろう。

もっとも、昨日の400円を超える上昇局面においても、セクターをみると石油などエネルギー関連の他は、ややディフェンシブ系の上昇が目立ち、輸送用機器や電気機器の伸びの鈍さが目立っていた。そのため、米中間選挙のイベント通過によるアク抜けとはいかなかったようである。今回のFOMCでは経済見通しは公表されず、パウエル議長の記者会見も行われないため、想定内の結果として通過材料になりそうだ。

前日の上昇に対する反動が意識される一方で、イベント通過による押し目拾いを意識したスタンスに徐々にシフトする流れが期待されるところ。来週末までは決算が続くが、決算を通過している銘柄などへは見直しの流れに向かわせることになりそうだ。順調なリバウンドをみせているマザーズ指数は節目の1000Ptに接近。足元でサンバイオ<4592>がけん引役となっているが、指数インパクトが大きくなる中で、今後もファンドの資金流入が継続しやすいところ。日経平均は22500円処での攻防が続くとみられる中で、市場の関心はマザーズ指数の1000Pt回復に集まりやすい。

■楽天、3Q営業利益11%増、コンセンサス上回る

楽天<4755>は8日、第3四半期決算を発表。売上高が前年同期比16.8%増の7903.30億円、営業利益は同11.1%増の1335.44億円だった。通期の市場コンセンサスは1300-1350億円程度であり、3Q時点で通期コンセンサスの下限を突破している。MVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「楽天モバイル」、メッセージング及びVoIPサービス「Viber」において、積極的な販促活動等が奏功。FinTechセグメントは、「楽天カード」の会員基盤の拡大により、手数料収入が増加。

■前場の注目材料

・日経平均は上昇(22486.92、+401.12)

・NYダウは上昇(26191.22、+10.92)

・1ドル114円00-10銭

・補正予算への期待

・日銀のETF購入

・好調な企業業績

・JR東日本<9020>ドライバーレスを構想、課題洗い出す、山手線で年度内実証

・東芝<6502>LNG・英原発撤退、5カ年計画、二次電池・半導体育成

・トーカン<7648>国分中部と統合、物流協力、商品も相互補完

・楽天<4755>携帯基地局整備を前倒しへ、乗り入れ契約の早期終了を目指す

☆前場のイベントスケジュール

<国内>

・08:50 10月マネーストックM3(前年比予想:+2.4%、9月:+2.5%)

<海外>

・09:30 豪準備銀行が金融政策報告発表

・10:30 中・10月消費者物価指数(前年比予想:+2.5%、9月:+2.5%)

・10:30 中・10月生産者物価指数(前年比予想:+3.3%、9月:+3.6%)

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (11月9日記)
  2. 武者陵司「市岡vs.武者 どこにリスクはあるのか、その深刻度はどれほどか」(前編) (11/08)
  3. 今朝の注目ニュース! ★オプトラン、ササクラ、イノテックなどに注目! (11/09)
  4. 本日注目すべき【好決算】銘柄 オプトラン、セーレン、ヨータイ (8日大引け後 発表分)
  5. 強弱材料:11/9
  6. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月8日版
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 34社選出 <成長株特集> (11/06)
  8. 時代遅れ“日本の人事”が変わる? 導入待ったなし「HRテック」関連株に飛躍の.. (11/08)
  9. 8日の米国市場ダイジェスト:NYダウは10ドル高、FOMCを受けてもみ合いに (11/09)
  10. 本日ピーク【484社】の決算発表予定 … 東レ、太陽誘電、りそなHDなど (11月9日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  2. 2
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合-第1回 特集
  3. 3
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  4. 4
    「カー用品」が9位にランク、急発進防止装置の後付け需要に期待<注目テーマ> 特集
  5. 5
    政府が総力を挙げて後押しへ、「兼業・副業関連株」に新時代の息吹 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.