ログイン
2018年11月15日 10時18分
材料

MRKホールディングス---2Qは販売施策の拡充により増収を達成

MRKホールディングス<9980>は13日、2019年3月期第2四半期(18年4-9月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比17.9%増の86.18億円、営業損失は5.19億円(前年同期は5.14億円の利益)、経常損失は5.65億円(同4.61億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失は7.04億円(同6.23億円の利益)となった。

婦人下着及びその関連事業の売上高は73.29億円となった。体型補整下着の主力製品「Curvaceous(カーヴィシャス)」が好調な受注に対して生産ラインの拡充が遅れ、先行投資費用の回収に至らなかった。一方、新規顧客の獲得では、東京・大阪・名古屋など都市部を中心にテレビCMを放映する等のメディアプロモーションの強化で、新規来店客数が前年同期比31.7%増となった。店舗展開では、同社初の新規専門店「Avenir MARUKO 新宿センタービル店」を開設した他、大宮店、広小路伏見店等5店舗を新設するとともに、上野店等18店舗を大規模リニューアルし店舗環境の整備を推進した。また、商品展開では、商品ラインナップの拡充が着実に進んだ。

なお、下半期は生産体制が整い、概ね初期計画通りに推移する見込み。2013年3月期に決算期変更を行って以降、下半期としては、最高の営業利益を見込んでいる。

マタニティ及びベビー関連事業の売上高は12.97億円となった。自社ECサイト及び大手ショッピングモールでの販売が堅調に推移し、ベビー向けの商品販売では、アパレルからベビーカー等の関連商品まで幅広い商品の拡充により、前年同期比36.2%増と好調に推移した。

2019年3月通期については、同日、連結業績予想の修正を発表した。売上高は前期比24.7%増(前回予想比3.6%減)の186.00億円、営業利益は同83.9%減(同89.6%減)の1.45億円、経常損失が1.10億円、親会社株主に帰属する当期純損失が同3.90億円としている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方 (11/14)
  2. 11月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/13)
  3. 全体相場の“浮上示唆”、空売り減に見える「売り枯れ」の予兆 <東条麻衣子.. (11/14)
  4. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月14日版
  5. 反転待ち東京市場で注目したい「トリプルメリット」株リスト <株探トップ特集> (11/14)
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月14日版
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-2 (11/09)
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 30社選出 <成長株特集> (11/11)
  9. 新高値迫る“J-REIT”、環境良好で「海外投資家買い」継続 <株探トップ特集> (11/13)
  10. 爆速上昇リベンジ相場! 変身前夜の「小型材料株」10番勝負 <株探トップ特集> (11/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):サンバイオ、コロプラ、KLab 注目
  2. 2
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (5)決算速報は有望銘柄の宝庫 特集
  3. 3
    5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」21社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.