ログイン
2019年1月12日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「続く荒い値動き」

◆アップルショックで始まった2019年相場だが、米中貿易協議の進展期待や中国人民銀行の預金準備率引き下げ、好調な米雇用統計、そして「利上げを急がない」としたパウエルFRB議長の柔軟な方針を好感し、その後は戻り歩調にある。だが、ここでの上昇はあくまでも年末年始の下落過程で膨らんだ売り玉の「買い戻し/ショートカバー」であることも見逃せず、新春相場は買い戻し一巡後に改めてその真価が問われることになるだろう。

日経平均株価の日足は、昨年12月26日安値の1万8948円まで下げ、二段下げを演じた。そこで年初来安値銘柄が1600を数えるなど、当面のセリングクライマックスになった可能性が高い。RCIや騰落レシオなどのテクニカル指標は底値を示唆し、裁定買い残は5578億円(12月21日現在)とカラカラの状態であれば、その後の戻りは当然でもあり、日経平均は先物主導で25日移動平均線(2万0800円台)やネックライン(2万1000円)を目指してもおかしくない。

◆ただし、2万1000円までは崩れたあとのアヤ戻しであり、上値が抑えられたあとの推移がポイントになる。年末年始が波乱になった過去の相場(2007~08年や2015~16年など)を検証すると、2~3月にかけて下値を再度試し、チャートが好転するのは4月になってからというのが目立つ。今回も2~3月にかけて、再び1万9000円前後の下値を試す可能性があることは想定しておくべきかも知れない。

NYダウNASDAQのチャートも、推移は概ね日経平均と同じだ。そして、日米ともマーケットは依然ボラティリティ(変動率)が高く、まだしばらくは荒い値動きが続くことを想定しておくべきだろう。そうなると、個別株では日経平均の日足の流れに従い小まめに対応するのが望ましい。

(1月10日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

★2019年「新春特集」を“26本”配信。併せてご覧ください。

→→ 「新春特集」の記事一覧をみる

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 富田隆弥のチャート倶楽部2019スペシャル <新春特別企画 第1弾> (01/01)
  2. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第1弾〕36社選出 <成長株特集> (01/10)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 <特別企画> (01/10)
  4. 【今週読まれた記事】新興市場活況、注目テーマに人気集中 (01/12)
  5. 今週の【早わかり株式市況】6週ぶり急反発・2万円回復、パウエルFRB議長発言で.. (01/12)
  6. 来週の株式相場見通し=海外イベントにらみで買い手控え、米企業決算発表の内容.. (01/11)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 デュアルタップ、AmidA、DNAチップ (1月7日~11日)
  8. 5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」33社 【東証1部】編 <割安株.. (01/11)
  9. 「元号関連」が4位に上昇、安倍首相が4月1日の事前公表を明言<注目テーマ> (01/11)
  10. 注目のニューフェイス目白押し、19年「IPO関連」一挙まとめて大胆予測 <株探.. (01/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) 注目
  2. 2
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
  3. 3
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    “生活防衛”という名の追い風、消費増税の裏テーマ株「リユース関連」が翔ぶ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月18日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.