ログイン
2019年1月18日 15時06分
経済

英オックスフォード大「ファーウェイから新規資金を受け入れない」

英オックスフォード大学は、中国の大手電子技術ファーウェイ(華為科技、HUAWEI)から、新たな研究費支援や寄付の受け付けを停止した。大学広報は「ここ数カ月にわたる、英国とファーウェイとの関係を懸念する声が国民の間で高まっている」ことを理由に説明している。

BBC1月18日の報道によると、オックスフォード大学は同月8日に、スポンサー企業としてファーウェイから新たな資金を受け取らないと決定したという。同社からの寄付にも適用する。現在まで受け付けた69万2000ポンドの研究資金は継続利用する。

BBCによると、オックスフォード大学の決定は、将来的に英政府がファーウェイに対する規制を設ける可能性を示唆している。

英通信大手BT(BT.L)は先月、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の製品を既存の第3世代(3G)と第4世代(4G)の基幹ネットワーク部分から排除し、第5世代(5G)のネットワークの主要部品としても使用しないと表明した。

ポーランド当局は今月、ファーウェイ上級幹部をスパイ容疑で逮捕した。また、米連邦検事が産業スパイ容疑で起訴するとの報道もある。英紙ガーディアンは16日、米通信Tモバイルの企業機密を窃盗した疑いで、検察がファーウェイを捜査していると報じた。

15日、英紙フィナンシャル・タイムズの取材に応じたファーウェイの任正非CEOは、中国政府のためのスパイ活動に関わっているとの疑いを否定した。

次世代通信網企画5Gの整備の入札において、米国や豪州、ニュージーランド、英国、日本、インドでは、ファーウェイの機器やシステムを官製もしくは民間で排除する方針。独紙16日の報道によると、ドイツ政府内も同様の動きがあるという。

(編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「RPA」が上位にランクイン、バックオフィス業務効率化に向け導入加速<注目.. (01/17)
  2. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (01月18日) [プレミアム専用]
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔9-11月期〕UUUMなど15社 <成長株特集> (01/17)
  4. 「サイバーセキュリティ」が5位にランク、政府はサイバー対策の指針改定へ.. (01/17)
  5. クラウドサービスの新潮流、「SaaS関連株」上昇ステージへ<株探トップ特集> (01/17)
  6. 「直近IPO銘柄」活躍シーズン来たる! 相場の低迷期登場で“逆転買い”好機.. (01/15)
  7. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-第2回 (01/16)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月16日版
  9. 「量子コンピュータ」のテーマ性再燃へ、米主導で最先端分野への投資積極化へ.. (01/15)
  10. IoT・AI活用で生産性革命、「予知保全」で新境地拓く銘柄群<株探トップ特集> (01/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! New! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 小学5年生がAIについて学ぶ時代! 市況
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  5. 5
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.