ログイン
2019年2月15日 11時28分
材料

C&Gシステムズ---18年12月期売上高は前年並み、CAD/CAMシステム等事業・金型製造事業ともに横ばい

C&Gシステムズ<6633>は13日、2018年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比0.4%減の40.66億円、営業利益が同30.0%減の2.30億円、経常利益が同32.3%減の2.52億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同76.0%減の1.21億円となった。

CAD/CAMシステム等事業の売上は前期比0.2%減の35.22億円と前年度とほぼ横ばいとなった。上期の業績は工作機械の納期長期化および製造業向け政府補助金の採択時期の影響等を受け、第2四半期までは厳しい状況で推移したが、第3四半期以降の工作機械の納品時期到来に連動した製品販売、政府補助金案件への確実な販売により業績が回復した。セグメント利益は上期での減益および先行投資としての開発外注費増加が影響し同31.9%減の1.96億円となった。

金型製造事業の売上高も同1.8%減の5.44億円とほぼ横ばいとなったが、利益面では上期の減益および原価率の上昇の影響により、セグメント利益は同17.0%減の0.33億円となった。

2019年12月期通期の業績予想については、売上高が前期比5.6%増の42.94億円、営業利益が同32.4%増の3.04億円、経常利益が同30.1%増の3.28億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同53.4%増の1.85億円を見込んでいる。CAD/CAMシステム等事業においては、既存顧客に対するサポート体制を強化することにより高い保守更新率を維持・向上しつつ安定した収益を確保し、同時に国内外での新たな販売チャネルの構築および製品力(機能・精度)の更なる改善等により販売シェアを伸ばしていくことで業績拡大を図る。加えて、金型の内製化および金型分野を中核に量産分野にも適応するCAD/CAMシステムの開発強化、OEM事業および積層造形、IoT関連等の新規技術の研究開発を継続し、次世代の収益源となりうる事業の立ち上げを推進していく。金型製造事業においては新規顧客開拓および外注費等コスト削減を続け更なる成長を目指す。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月14日版
  2. 企業に勝利をもたらす「人材育成」、いま社員研修関連株が注目されるワケ.. (02/14)
  3. 自社株買い銘柄は、「後出しジャンケン」でもOK? (02/13)
  4. リターン・リバーサル始動、「半導体・電子部品株」逆襲高へGO!<株探トップ.. (02/13)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  6. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月13日版
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔第2弾〕 33社選出 <成長株特集> (02/11)
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 活路は個人の“主戦場”中小型株にあり! (02/10)
  10. 個人投資家・有限亭玉介:反発トレンドを見極めろ!期待の注目株【FISCO.. (02/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】“市場急拡大”テーマにクローズアップ! 特集
  2. 2
    <トップインタビュー> 松井証券 松井道夫社長に聞く 経済
  3. 3
    【植木靖男の相場展望】 ─ 上昇転換への準備は整った! 市況
  4. 4
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (3) 人気の銘柄はランキングに潜んでいる! 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ブシロード、HIS、オリックス 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.