ログイン
2019年2月15日 17時13分
市況

来週の株式相場見通し=米中交渉にらみ2万1000円攻防に、外部要因に過敏に反応

来週(18~22日)の東京株式市場は、米中貿易交渉を巡って、これまで3月1日とされていた交渉期限を60日間延長する案が浮上するなか、交渉の行方をにらみながらの神経質な値動きとなりそうだ。10~12月期の決算発表が終了し手掛かり材料が見いだせないなかで、海外株式相場や外国為替市場の動向など外部要因に左右されやすい地合いとなりそうだ。ただ、今週前半の急ピッチな戻りを経験するなかで、積極的に売り込む動きは制限されそうだ。来週の日経平均の想定レンジは2万1000円を巡る攻防で、2万500~2万1300円とする。

市場関係者からは「現地14日に発表された昨年12月の米小売売上高が、前月比1.2%減と、予想を大きく下回る大幅落ち込みとなったことを嫌気してNYダウ平均株価が反落したことや、日本時間きょう早朝にトランプ米大統領がメキシコ国境での壁の建設を巡って“非常事態を宣言する見通し”と伝えられたことによる混乱が嫌気されて、日経平均は続落して2万1000円台を割り込んだ」との見方が出ていた。

日程面では、12月の機械受注(18日)、1月の首都圏新規マンション発売(19日)、1月の貿易収支、1月の訪日外国人客数、1月のコンビニエンスストア売上高(20日)、12月の全産業活動指数(21日)、1月の消費者物価指数(22日)に注目。

海外では、プレジデント・デーの祝日のため、米株式市場は休場(18日)、独2月のZEW景況感指数(19日)、1月29・30日開催のFOMC議事要旨(20日)、米1月の中古住宅販売件数、米1月のCB景気先行総合指数、米12月の耐久財受注(21日)、独2月のIfo景況感指数(22日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】いま“最強”の投資テーマ「5G」 (02/16)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「マーケット復活の流れに従う」 (02/16)
  3. 武者陵司 「中国ペシミズムへの違和感、米中妥協後に来る投資チャンス」 (02/16)
  4. 今週の【早わかり株式市況】大幅反発・一時2万1000円回復、ヘッジファンドが買.. (02/16)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 リリカラ、メドピア、ラクオリア (2月12日~15日)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  7. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」19社【東証1部】編 <割安.. (02/15)
  8. ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月15日)
  9. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)
  10. リターン・リバーサル始動、「半導体・電子部品株」逆襲高へGO!<株探トップ.. (02/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月18日発表分) 注目
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場戦略=投資資金に余裕を持たせチャンスを捉える 市況
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月18日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.