ログイン
2019年2月21日 5時28分
通貨

2月20日のNY為替概況

20日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円88銭から110円63銭のレンジでもみ合い110円80銭で引けた。

対欧州通貨でのドル売りの流れや、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表する1月開催分の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録がハト派色を強めるとの思惑にドル売りが優勢となった。議事録ではサプライズなく、ドルの買戻しに下げ止まった

ユーロ・ドルは1.1330ドルから1.1371ドルまで上昇して1.1350ドルで引けた。

予想を上回ったユーロ圏2月消費者信頼感指数速報値を好感したユーロ買いが優勢となった。

ユーロ・円は、125円53銭から125円88銭まで上昇。

ポンド・ドルは、1.3020ドルから1.3109ドルまで上昇した。

英国の欧州連合(EU)離脱を巡る協議で、関係各国外相がハードブレグジットを回避する努力をしていることを明らかにしたほか、メイ英首相とユンケル欧州委委員長も共同記者会見で、協議が建設的だったことを明らかにし、秩序のある離脱への期待感からポンド買いが優勢となった。

ドル・スイスは、1.0012フランから0.9982フランまで下落した。

[経済指標]

・ユーロ圏・2月消費者信頼感指数速報値:-7.4(予想:-7.7、1月:-7.9)

《KY》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  2. 2
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 ろくすけさんの場合-第1回 特集
  3. 3
    個人投資家・有限亭玉介:2019年の注目テーマ・5G関連を改めてチェック【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  4. 4
    政府が総力を挙げて後押しへ、「兼業・副業関連株」に新時代の息吹 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    【今週読まれた記事】閑散相場の中でも、注目集める“サイバーセキュリティ” 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.