ログイン
2019年2月22日 7時02分
通貨

NY為替:英国のEU離脱期限延期の可能性も

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円57銭へ下落後、110円84銭まで上昇し、110円70銭で引けた。12月の米耐久財受注、1月景気先行指数、2月フィラデルフィア連銀製造業景況指数が予想を下回ったことから、ドル売りが優勢となった。その後、米債利回りの上昇に伴うドル買いに下げ止まった。

ユーロ・ドルは1.1366ドルから1.1323ドルまで下落し、1.1336ドルで引けた。域内の製造業PMIが活動の縮小を示したほか、欧州中央銀行(ECB)定例理事会要旨で、短期的な成長は予想を下回るとの見解が示されたため、ユーロ売りが強まった。ユーロ・円は、125円77銭から125円45銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3095ドルまで上昇後、1.3027ドルまで下落。欧州連合(EU)からの離脱について、離脱期日の3カ月延期観測が強まったためポンド買いが強まった。ただ、EU高官が、協議の行き詰まりに言及し、ポンド売りが再燃。ドル・スイスは、0.9995フランへ下落後、1.0023フランまで上昇した。

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月17日記) 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:森永乳、エニグモ、オハラ 注目
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★モルフォ、シノプス、TBグループなどに注目! 注目
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.