ログイン
2019年3月20日 17時25分
通貨

欧米為替見通し:ドル・円は上げ渋りか、リスク要因で米FOMC後の買いは限定的に

20日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る値動きを予想する。米連邦公開市場委員会(FOMC)で今後の金融政策に関する慎重度合いを探る展開。想定ほどハト派寄りでなければドル買い戻しに振れるが、ブレグジットの不透明感などでドル買い、円売りは限定的となりそうだ。

本日のアジア市場は、日経平均株価の弱含みで円買い先行が予想されていたが、東京市場が春分の日で明日休場となることもあり、実需筋が五十日(ごとうび)に伴うドル買いを膨らませたようだ。その後日経平均株価は反転し、上海総合指数がプラス圏で推移した場面でドル・円は一時111円70銭付近まで値を切り上げた。日本株と中国株はその後前日終値付近で推移し円売りは抑制されたが、ドル・円は上昇余地が生まれた。

今晩は米連邦準備制度理事会(FRB)の政策決定が焦点。前日と本日のFOMCでの討議を踏まえ、政策金利は据え置きが織り込まれている。1月以降に発表されたインフレや成長率などの経済指標から米国経済の減速が示され、金利見通しやバランスシート縮小などをテーマに当初の引き締め姿勢を緩める見通し。市場では、現時点で年内1回の利上げがメーンシナリオとなっているもよう。

FOMC後の声明やパウエルFRB議長の発言が想定ほどハト派寄りでない場合には長期金利の上昇に連動したドル買いが観測されようが、株高が抑えられればドル買いは限定的となりそうだ。また、英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性も再浮上しており、円買いを誘発しやすい。ドル・円はリスク要因によりFOMC後の112円台の定着は想定しにくい。(吉池 威)

【今日の欧米市場の予定】

・18:30 英・2月消費者物価指数(前年比予想:+1.8%、1月:+1.8%)

・18:30 英・2月生産者物価指数・産出(前年比予想:+2.2%、1月:+2.1%)

・03:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表(政策金利は2.25-2.50%に据え置き予想)

・03:30 パウエル米FRB議長会見

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):そーせい、ルネサス、ガンホー (03/20)
  2. 「人材派遣」関連に再評価機運、4月からの法改正も追い風に<注目テーマ> (03/19)
  3. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):Jエレベータ、キーエンス、ワークマン (03/20)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):トヨタ、ソニー、任天堂 (03/20)
  6. 【↑】日経平均 大引け| 反発、朝安後に切り返しほぼ高値圏で着地 (3月20日)
  7. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 9 銘柄  S安= 0 銘柄 (3月20日)
  8. ★本日の【サプライズ決算】速報 (03月20日)
  9. 明日の決算発表予定 サツドラHD、日本オラクル、オプトエレ (3月20日)
  10. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (3月20日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月23日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月23日) 注目
  3. 3
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
  4. 4
    ハイテク株に「夏相場到来」の機運、半導体株上昇が示す反騰シナリオ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場戦略=半導体関連に物色の矛先、潮流は発生するか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.