ログイン
2019年3月22日 6時37分
通貨

NY為替:ポンドは弱含み、合意なきEU離脱を警戒

21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、110円38銭から110円96銭まで上昇し、110円80銭で引けた。3月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想以上に改善し、週次新規失業保険申請件数は市場予想を下回ったため、米国経済の成長への懸念が後退し、ドル買いが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1397ドルから1.1343ドルまで下落し、1.1372ドルで引けた。ユーロ圏3月消費者信頼感指数速報値が予想を下回りユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、126円14銭から125円71銭まで下落。ポンド・ドルは、1.3173ドルから1.3004ドルまで下落。欧州連合(EU)は英首相と合意した協定案を再交渉する意思がないことを再表明し、合意なき離脱への警戒感が再燃。ポンドンド売りが加速。その後、EUは合意ない離脱の脅威を回避するため代替案を模索しているとの報道を受けて、ポンドは下げ止まった。ドル・スイスは、0.9915フランへ下落後、0.9946フランまで上昇した。

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 サイステップ、upr、レイ (7月16日~19日) 注目
  3. 3
    個人投資家・有限亭玉介:サマーラリーに乗れるか!?上昇期待の中小型株[その1]【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】“知の融合”で飛躍する材料株を発掘! 特集
  5. 5
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.