ログイン
2019年3月22日 16時42分
5%

関電化について、米ブラックロックは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変更報告書No.1]

 関東電化工業 <4047> について、世界最大級の資産運用会社、米ブラックロックの日本法人ブラックロック・ジャパンは3月22日受付で財務省に変更報告書(5%ルール報告書)を提出した。報告書によれば、ブラックロックと共同保有者の関電化株式保有比率は5.11%→3.77%に減少した。報告義務発生日は3月15日。

■財務省 : 3月22日受付
■発行会社: 関東電化工業 <4047>
■提出者 : ブラックロック・ジャパン

◆義務発生日 保有割合(前回→今回)   保有株数    提出日時
 2019/03/15  5.11% →  3.77%    2,167,050  2019/03/22 16:36

■提出者および共同保有者
 (1)ブラックロック・ジャパン
        1.62% →  1.38%
 (2)ブラックロック(ルクセンブルグ)エス・エー(BlackRock (Luxembourg) S.A.)
        2.07% →  1.06%
 (3)ブラックロック・アセット・マネジメント・アイルランド・リミテッド(BlackRock Asset Management Ireland Limited)
        0.11% →  0.10%
 (4)ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ
        0.42% →  0.47%
 (5)ブラックロック・インターナショナル・リミテッド(BlackRock International Limited)
        0.45% →  0.28%
 (6)ブラックロック・インスティテューショナル・トラスト・カンパニー、エヌ.エイ.(BlackRock Institutional Trust Company, N.A.)
        0.44% →  0.48%


※上記は金融庁のEDINET(電子開示システム)で開示された書類に基づく情報です。金融商品取引法上の公衆縦覧ではありません。
※金融商品取引法で自己株式は保有株券に含めないことになっており、そのため保有株数等が0と表記される場合があります。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 関電化の【大株主】【5%報告など株主異動】【組み込みファンド】の一覧をみる
  2. スルガ銀について、米ブラックロックは保有割合が5%未満に減少したと報告 [変.. (03/22)
  3. オムロンについて、米ブラックロックは保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.. (03/22)
  4. 三菱ケミHDについて、米ブラックロックは保有割合が減少したと報告 [変更報告.. (03/22)
  5. 日本取引所について、米ブラックロックは保有割合が減少したと報告 [変更報告書.. (03/22)
  6. 日精機について、ティー・ロウ・プライス・ジャパンは保有割合が増加したと報告.. (03/22)
  7. サンマルクについて、片山智恵美氏は保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.2] (03/22)
  8. UTについて、ティー・ロウ・プライス・ジャパンは保有割合が5%を超えたと報.. (03/22)
  9. ソラストについて、ティー・ロウ・プライス・ジャパンは保有割合が増加したと報.. (03/22)
  10. ケアネットについて、メディカルインキュベータジャパンは保有割合が減少したと.. (03/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (04月26日) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月26日) 注目
  3. 3
    高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 4月26日版 特集
  4. 4
    本日の決算発表予定 … ソニー、コマツ、JTなど 268社 (4月26日) 注目
  5. 5
    ★本日の【イチオシ決算】 M&Aキャピ、インフォMT、ヤマトHD (4月26日) 注目
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.