ログイン
2019年3月22日 17時06分
市況

来週の株式相場見通し=FRBのハト派姿勢が株価上昇後押し、円高・ドル安進行には警戒感

来週(25~29日)の東京株式市場は、今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利上げを見送る方針を打ち出すなど、予想以上のハト派姿勢を示したことで、世界的な流動性相場への期待感が高まりそうだ。しかし、日本の場合、同時に円高・ドル安進行懸念もあり、手放しのプラス材料とは言い難い。また、不透明感を増している米中貿易交渉の動向にも注視が必要だ。ただ、米株式相場堅調の影響もあり、日本でも半導体関連などハイテク銘柄に物色復活の兆しが出てきたのは好材料といえる。来週の日経平均株価の想定レンジは2万1200~2万2000円とする。

市場関係者からは「きょうは、現地21日の米株式市場で、半導体関連などのハイテク株が上昇した流れを受けて、東京エレクトロン<8035>など半導体関連の一角が買い進まれた。半面、治験薬候補の治験中止を発表したエーザイ<4523>が前営業日比ストップ安まで売り込まれ、1銘柄で日経平均を約55円押し下げた。一方、来週の27日は3月末の権利落ち日となり、実質新年度相場入りとなる。今回の日経平均の権利落ち分は約170円(市場推計)と試算されているが、これを即日埋めして新年度相場の上昇に勢いを与えられるかどうか関心が集まっている」との見方が出ていた。

日程面では、1月の全産業活動指数(25日)、2月の企業向けサービス価格指数、3月14・15日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」、3月末権利付き最終日(26日)、2月の鉱工業生産・労働力調査・有効求人倍率、2月の商業動態統計、統一地方選=41道府県議選、17政令指定都市議選告示=4月7日に投開票=(29日)に注目。

海外では、米2月のシカゴ連銀全米活動指数、独3月のIfo景況感指数(25日)、米2月の住宅着工件数、米2月のCB消費者信頼感指数(26日)、米1月の貿易収支、米10~12月期の経常収支(27日)、米10~12月期のGDP確報値(28日)、米2月の新築住宅販売件数(29日)が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】強弱観対立も上昇相場は継続 (03/23)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「盛り上がりに欠ける日本株」 (03/23)
  3. 絶好調の19年12月期【最高益】銘柄リスト〔第1弾〕41社選出 <成長株特集> (03/21)
  4. 5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」33社 【東証1部】編 <割安株.. (03/22)
  5. 今週の【早わかり株式市況】続伸、FOMCがハト派姿勢鮮明でリスク選好続く (03/23)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 窪田製薬HD、Mマート、スキヤキ (3月18日~22日)
  7. ★本日の【サプライズ決算】速報 (03月22日)
  8. まだ間に合う、3月配当【高利回り】ベスト30「東証1部」編 <割安株特集> (03/21)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 uki5496さんの場合<第1回> (03/20)
  10. 画期的がん治療法「光免疫療法」に見えた光明と動き出す関連株 <株探トップ.. (03/19)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    .「AI人材バブル」が来る――究極の大相場が待つ“特選5銘柄” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  3. 3
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:国内企業決算本格化、米4-6月期GDP、日米貿易協議動向 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】“知の融合”で飛躍する材料株を発掘! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.