ログイン
2019年3月25日 17時13分
市況

<マ-ケット日報> 2019年3月25日

 週明けの市場は日経平均が3日ぶりに大幅反落。終値は前週末比650円安の2万977円で、先月15日以来、約2カ月半ぶりの安値水準となった。下げ幅は今年最大。欧米の経済指標の悪化と株価急落の流れを受けてほぼ全面安の展開。1ドル=109円台に入った円高も嫌気され直近までの回復シナリオが吹き飛ぶ結果に。高値圏にあったため金利低下よりも景況悪化が勝ってしまったようである。

 前週末の米国市場は世界景気の減速懸念が増してダウ平均は大幅反落した。独や欧州のPMI(製造業購買担当者景気指数)が2012年以来の水準に急落したことや、米国でもPMIが1年9カ月ぶり水準に落ち込んだことが嫌気されて一気に売り物が膨らんだ。景況不安から米国では長短金利の逆転も発生し下げが加速。ボーイングにも新たな悪材料が出て全面安商状に。米国株の戻りは一巡し当面は調整を強いられるかもしれない。

 さて、東京市場は支えとなっていた米株高や円安が逆回転を起こしたことで米国以上の株安を演じてしまった。新年度以降の景気回復期待が萎み、政策余地の乏しい日本株が一番売られる状況となっている。本日は2万1000円前後の下値のフシ目でとりあえず下げ止まったが、3月高値が戻り限界となった様子から、もう一段の下げに備えることも必要となりそうだ。

 今週の主なスケジュールは26日(火)米2月の住宅着工件数、27日(水)米1月の貿易収支、28日(木)米10-12月GDP確定値、29日(金)2月の鉱工業生産指数などとなっている。(ストック・データバンク 編集部)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月22日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月22日) 注目
  3. 3
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    窪田朋一郎氏【平成から令和へ、10連休後の東京市場はどうなる】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    フードデリバリー関連株に上昇ダブル旋風、待ち受ける株高の夏 <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.