ログイン
2019年3月26日 13時02分
通貨

CoinMarketCap、偽取引量を指摘したレポートに対応する新データを公開へ【フィスコ・ビットコインニュース】

先日、仮想通貨企業BitWiseが公開した「ビットコインの日間取引量の95%がフェイクである」とする200ページ以上に及ぶレポートが波紋を呼んでいる中、大手メディアブルームバーグが仮想通貨情報サイトCoinMarketCapも今回のレポートに対応して新たなデータを公開していく方針を明らかにした。

ブルームバーグによると、CoinMarketCap社はBitWiseのレポート内容が間違っていないことを認めた上で、今後「さらなる透明性を提供するため」、ホットウォレットやコールドウォレットの残高や取引所のトラフィックデータなどを追加していく計画がある。

なお、CoinMarketCapのマーケティング責任者であるCarylyne Chan氏は以下のように述べた。

「我々の企業理念はユーザーに出来る限り多くの情報を提供することで、ユーザーご自身で結論や見方を決めてもらうことだ。」

今回CoinMarketCapのChan氏が追加すると述べたデータは、出来高の水増し疑惑を指摘したBitWise社が米SECに提出したレポートにもある内容にも対応したものが含まれている。(米ブルームバーグ報道)

また対応として、既に提供されているデータとは別に、新しいデータを公開することをCoinMarketCapは述べている。これは、仮想通貨市場の透明性向上、強いては業界全体の健全化に繋がるが、短期的には現状のデータとの数値の乖離が生じる可能性があるため、投資家からの懸念も一部では予想される。

現在米SEC(証券取引委員会)にビットコインETFの申請を行なっている最中の米BitWise社は米時間20日、米政府関係者と対談し同社のETFを立証するなかで仮想通貨市場の取引量がCoinMarketCapなどの情報サイトで明らかにされているより実際の規模は小さいなどと主張した200ページ以上におよぶレポートを公開している。

BitWiseは1月下旬に提出していた独自のETFを米SECに認可されるために、対談の中で、CoinMarketCap上95%の取引量が実際より小さいと指摘しており、その中で実際の取引量が100万ドル以上で信頼できるのは以下の取引所のみだと述べている。

BitWiseのこのようなレポートに対応する形でCoinMarketCapは今回ブルームバーグに対して対策を組んでいることを明らかにした。

最大級の仮想通貨情報サイトであるCoinMarketCap社は以前から「取引量の偽装」を問題視しており、昨年7月には「データの透明性向上」に努めていく姿勢を表明している。

BitWise社のレポートに関して、eToroのマーケットアナリストであるMati Greenspan氏は海外仮想通貨メディアBLOCKTVに出演し、 以下のように見解を示した。

「このレポートは奥深い。私のビットコイン市場に対する見方を変えた。レポートは)主にウォッシュトレードなどの中でも、10の主要取引所の中で9つはFinCenなどの規制機関に準じており、市場価格や価格発見方法、および流動性の面において信頼できることが確認された。確かにアービトラージなども行われているが、仮想通貨市場の健全な部分を見れば、利用であることが証明された。」

また1日の取引量が100万ドルを超え、信頼できる主要取引所の一つに含まれている仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は以前データが水増しされる理由を以下のように説明していた。

「なぜ取引所は取引量を水増しするのか。CoinMarketCapは業界で最もアクセスを集めるサイトで、取引所にとって最大のリファラル流入となっている。当然(取引量を水増しして)CMCの上位にランクインすれば新規ユーザーが増える利点があるだろう。しかし同時にそれはプロユーザーからの信頼を失うことにもつながる。多くの取引所はその部分を忘れている。」

(記事提供:コインポスト)

CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情

報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。

《SI》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月20日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=逆イールド台風通過、ゲーム&バイオに資金流入 市況
  3. 3
    不安定な相場に勝つ、「好業績・高進捗率・高ROE」3拍子揃った変身期待株7選 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    輝き放つ「電子カルテ関連」、大相場へと動き出した“有望銘柄のリスト” <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ヤマシン―F、キーエンス、三井不 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.