ログイン
2019年6月13日 17時03分
市況

<マ-ケット日報> 2019年6月13日

13日の市場は日経平均が続落。終値は前日比97円安の2万1032円だった。前日の米株安に加え大規模デモによる香港株下落の影響を受けて終日マイナス圏で推移した。下げ幅は前引け辺りで一時200円近くに達する場面もあったが、後場は日銀によるETF買い入れ期待で下げ渋った。日経平均はかろうじて2万1000円の大台をキープしたが、買い手が乏しく心許ない状況だ。

昨日の米国市場は半導体関連株に売りが出てダウ平均は続落した。一部報道で半導体メモリー市況の改善が遅れると伝わりマイクロン、インテルなどハイテク株に売りが出た。また、米中貿易摩擦が長期化することへの警戒感もありボーイングなど中国関連株にも売りが出ている。FRBの利下げ観測が相場を下支えているがこれ以外に買い材料がなく相場は手詰まり気味となっている。

さて、東京市場は米国株が上がらなくなると一段と材料不足に陥り模様眺めせざるを得ない状態。買い方にとって日経平均の2万1000円台は手が出しにくく、ここで買うのは売り方の買い戻しか日銀、事業法人くらいしか見当たらない。東証1部の売買代金は6日連続の2兆円台割れ。昨年8月の7日連続以来で実需筋の動きはほとんど見られない。米国の利下げ期待だけでは外国人が日本株を買う動機に今のところなっていないようだ。月末のG20サミットまであと2週間。投資家の様子見姿勢は今しばらく続きそうだ。(ストック・データバンク 編集部)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均9連騰、米中の対立緩和が市場好転を呼ぶ! 市況
  3. 3
    10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」23社 【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月13日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.