ログイン
2019年7月12日 17時38分
市況

来週の株式相場戦略=往来相場継続も、海外半導体企業の決算など注目

来週の東京株式市場は、米国が決算シーズンに突入するなか、半導体などハイテク株の動向に関心が集まりそうだ。日経平均株価の想定レンジ2万1500~2万1780円で依然、往来相場が続く可能性がある。

来週からは米国企業が決算シーズンに突入する。15日のシティグループから始まり17日にネットフリックス、IBM、18日にマイクロソフトが予定されている。そのなか市場の注目を集めているのが、欧州とアジアの半導体関連の有力企業の動向だ。17日にオランダのASML、18日に台湾のTSMCが決算発表を行う。その結果は日本の半導体関連株の動向を左右しそうだ。

また、15日は東京市場が祝日で休場だが、中国で4~6月期国内総生産(GDP)が発表される。同時に公表される中国6月工業生産の結果なども関心を集めている。3連休明けの16日からは東証の受渡制度が変更され、取引日(T)に対する受渡日が3日目(T+2)に全面移行する。市場には「受渡制度の変更で混乱が起こらないか、どうかを確かめたい」(国内証券のアナリスト)との声も出ている。経済指標では海外では16日に米6月小売売上高、18日に米6月景気先行総合指数、国内では17日に訪日外客数、18日に6月貿易統計、19日に6月消費者物価が発表される。

全体相場は日経平均株価が2万1700円台を抜けず膠着状態に入っている。下値は200日移動平均線(2万1580円前後)がサポートラインとなっているが、上下に動きにくい状況にある。日経平均株価が膠着状態を突破するには「ハイテク株の上昇が必要」(市場関係者)との声は少なくない。ただ、安川電機<6506>は決算がさえない結果となるなか、来週の海外企業の決算などにサプライズがなければファーストリテイリング<9983>やアサヒグループホールディングス<2502>などのような内需株を中心とする物色が続くことが予想される。(岡里英幸)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「7月下旬まで日本株は上昇の可能性」 (07/13)
  2. 新興市場見通し:人気株の値崩れで警戒ムードも、IPOではLink-U (07/13)
  3. 国内株式市場見通し:堅調も、円高進行や決算シーズン控えた警戒感も (07/13)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―トランプ大統領の柔軟性と増税強行の頑迷さ (07/13)
  5. 今週の【早わかり株式市況】6週ぶり小反落、米株最高値を横目に上値重い展開 (07/13)
  6. 【今週読まれた記事】“花盛り”個別材料株に勝機 (07/13)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 サムライJP、フェニクスB、ユニゾHD (7月8日~12日)
  8. 輝く高収益、「ROE10%超」内需好業績リスト〔第1弾〕29社選出 <成長株特集> (07/11)
  9. ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月12日)
  10. 来週の決算発表予定 日本国土開発、T-BASE、モバファクなど (7月16日~19日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月24日記) 市況
  2. 2
    日経平均24日前引け=続伸、107円高の2万1728円 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:SUMCO、アドテスト、郵船 注目
  4. 4
    サイバー、今期経常を50%上方修正 New! 決算
  5. 5
    「半導体製造装置」が急浮上、メモリー市況回復観測で戻り足加速<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.