ログイン
2019年8月4日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 8月下旬には転機が訪れるタイミング!

「8月下旬には転機が訪れるタイミング!」

●NYダウ並みのPBRでは8万円?

夏相場は期待のサマーラリーとはならず、逆に閑散商状に陥っている。しかし、深押しは考えにくい。パウエルFRB議長は今回の利下げ(0.25%)について、「予防的措置」を強調、「利下げサイクルに入ったわけではない」とコメントしている。これはNY市場にとっては“失望”だが、為替は円安に振れ、日本市場の下支え要因となる。

現在、日経平均株価の1株利益(予想)は1789円、1株純資産(実績)は2万114円だ。PERは12倍前後、PBRは1倍ちょっとに過ぎない。一方、NYダウ平均のPERは17倍を超え、PBRは4.1倍となっている。日本株は大幅に出遅れ? そう、その通りである。

仮に、日経平均をNYダウ並みに評価すると、PERでは3万円台に乗せ、PBRでは何と8万2000円がらみとなる。まあ、あくまでも遊び感覚の単純計算だが……。それに、PERが上昇するには需給と人気の改善が不可欠だろう。PBRはROEとの相関関係が強い。ROEを上昇させるには企業のタメ込み主義を改める必要があろう。

ROEについては、企業の経営姿勢は徐々に変化しつつある。需給と人気は8月後半には「米国株買いの日本株売り」のロング&ショート戦略の巻き戻しが見込め、回復に向かうと思う。9月に入ると、10月の消費税率引き上げへの対応として、財政出動(景気対策)が話題となろう。

●野村HDはいよいよアク抜けか?

さて、ここでの投資戦略は、短期・順張りでは引き続いて強い銘柄を攻める、これがセオリーだ。具体的には好決算の日本エム・ディ・エム <7600> 、トーカロ <3433> 、デクセリアルズ <4980> はどうか。商い面を考慮すると、野村ホールディングス <8604> が面白い。昨年来、バッシングを受け続けてきたが、ここはアク抜けと判断できる。

長期・逆張りでは、ダイセキ環境ソリューション <1712> が狙い目だ。社名が示しているように、ダイセキ <9793> 系の汚染土壌の調査、処理を行う企業である。ダイセキが発行株式数の53.8%を保有している。“毛並み”は良好である。

首都圏・近畿圏を中心に、大規模開発が進められている。道路、鉄道、トンネル工事も多い。その際、 汚染土壌の処理が不可欠だ。特に、工場跡地は重金属が埋まっている。リニア中央新幹線のアルプス縦貫トンネルは自然由来の重金属が出現するのではないか、と危惧されている。

すでに、同社は岐阜市に30億円を投じ、リサイクルセンターを建設中だ。今年後半には完成する。株価は600~700円の安値ゾーン(週足参照)でのもみ合いとなっている。ここは仕込みの好機だろう。

2019年8月1日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 23社選出 <成長株特集> (08/04)
  2. サイバー防衛関連“2019夏の大玉花火”、急騰の宴が近づく5銘柄.. (08/03)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第2回> (08/02)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ トランプ爆弾、再び! (08/04)
  5. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月2日版
  6. 明日注目すべき【好決算】銘柄 ゴルドウイン、アシックス、東京建物 (2日大引け後 発表分)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ ラクトJ (08/04)
  8. 来週の決算発表予定 楽天、資生堂、SBGなど (8月5日~9日)
  9. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中貿易摩擦再び、ソフトバンクG決算、.. (08/03)
  10. 【今週読まれた記事】決算発表集中“逆転の発想”で選ぶ銘柄 (08/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月22日発表分) 注目
  2. 2
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第3弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★ジョルダン、長大、燦HDなどに注目! New! 注目
  4. 4
    明日の株式相場戦略=“機械の仕業”から距離を置く銘柄に活路 市況
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.