ログイン
2019年8月13日 14時15分
材料

エコモット---1Q減収なるも要因は織り込み済み、事業計画達成に向けて堅調に推移

エコモット<3987>は9日、2020年8月期第1四半期(19年4月-6月)決算を発表した。売上高は前年同期比5.4%減の3.09億円、営業損失は0.94億円(前年同期は0.10億円の損失)、経常損失は0.93億円(同0.24億円の損失)、四半期損失は0.67億円(0.17億円の損失)となった。

インテグレーションソリューションの売上高は前年同期比30.1%増の0.52億円となった。IoTプラットフォーム「FASTIO」を利用したソリューション提供によるイニシャル売上及び通信利用料やアプリケーション利用料等から構成されるストック売上の積み増しが寄与し、増収となった。

コンストラクションソリューションの売上高は同3.9%減の1.49億円となった。土木関連市場の情報化施工案件の獲得や、防災対策のIoT化といったニーズの高まりを受け、顧客基盤の拡大は堅調に推移しているが、前年同期においては高速道路工事の安全対策などの大型案件が多く、フロー売上が若干減少した。

モニタリングソリューションの売上高は同30.1%減の0.09億円となった。主なパッケージサービス「ゆりもっと」は、4月1日から11月30日までの8ヶ月間は遠隔監視サービス提供期間外に該当し、第1四半期においては売上の大部分が端末提供料等のイニシャル売上となっている。

GPSソリューションの売上高は同16.5%減の0.98億円となった。2017年頃より、交通事故のリスクを軽減するため、法人車両へのドライブレコーダー等のテレマティクス端末を導入する企業が増加している。このような事業環境の下、累計契約数は拡大し、ストック売上の積み上げが続いている。一方で、当第1四半期は新端末開発及びリリース後の受注獲得に向けた営業活動期間に重なり、フロー売上は減少した。

決算期を3月31日から8月31日に変更しており、決算期変更後の2020年8月期業績予想(17ヶ月)については、現在精査中であり詳細が確定次第発表するとしている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 5万円以下で買える、増収増益&低PER「お宝候補」25社【2部・新興】編.. (08/11)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 10年来高値更新銘柄の威力 (08/11)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)
  5. 8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (08/12)
  6. 個人投資家・有限亭玉介:暴落相場を乗り越えられるか…注目株を公開.. (08/10)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  8. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月9日版
  9. “日の丸技術”次なる舞台へ、「宇宙開発関連」打ち上げ近づく有力株 <株探ト.. (08/10)
  10. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月9日現在)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    個人投資家・有限亭玉介:上昇期待の個別銘柄をザックリとご紹介【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  2. 2
    【今週読まれた記事】材料株は“百花繚乱”、相場に実需の火はつくか 特集
  3. 3
    今週の【話題株ダイジェスト】 霞ヶ関C、upr、シスロケ (10月15日~18日) 注目
  4. 4
    【植木靖男の相場展望】 ─ 2万3000円大台への過程 市況
  5. 5
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「好転で裁定買い誘う」 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.