ログイン
2019年8月14日 15時43分
材料

ナノキャリア---1Qは売上高が247.8%増、開発マイルストーン収入、化粧品材料供給収入、化粧品売上が好調

ナノキャリア<4571>は9日、2020年3月期第1四半期(19年4-6月)決算を発表した。売上高が前年同期比247.8%増の1.46億円、営業損失が4.99億円(前年同期は6.40億円の損失)、経常損失が5.39億円(同6.36億円の損失)、四半期純損失が4.46億円(同6.36億円の損失)となった。

主要パイプラインの進捗状況は、シスプラチンミセル(NC-6004)は、ライセンス先との共同開発によりグローバルに開発を推進しており、膵がんを対象とした第3相試験の経過観察を続けるとともに、頭頸部がんを対象とした免疫チェックポイント阻害剤との新しい併用療法の開発に注力する。エピルビシンミセル(NC-6300)は、米国で軟部肉腫を対象に第1/2相臨床試験を実施中である。パクリタキセルミセル(NK105)は、ライセンス先にて乳がんを対象に第2相臨床試験を開始した。

導入パイプラインの進捗状況は、遺伝子治療薬「VB-111」は、導入元により、米国を中心にプラチナ耐性卵巣がんの第3相臨床試験が実施されており、2019年末に中間解析が予定されている。セオリアファーマとの間で共同開発を行っている耳鼻科領域におけるENT103は、国内において中耳炎を対象に第3相臨床試験を実施している。また2019年4月、エイオンインターナショナルから「Acti-PRP(血球細胞分離機)」の国内販売権を取得し、不妊治療を行う施設向けに販売を開始している。

新規開発パイプラインは、当社独自の先進基盤技術である抗体/薬物結合型ミセル「ADCM

(Antibody/Drug-Conjugated Micelle)」を次世代型DDS医薬品技術として開発している。JCRファーマとの間では、脳内デリバリー創薬に関する共同研究契約を締結した。

化粧品事業は、アルビオンとの共同開発製品であるエクラフチュール等の美容液向けの原料供給および、スカルプトータルケア製品「Depth(デプス)」のインターネット販売及びカウンセリング販売を推進している。

2020年3月期通期の業績予想は、売上高が前期比17.0%増の5.81億円、営業損失が15.20億円、経常損失が15.36億円、当期純損失が14.50億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)
  2. 個人投資家・有限亭玉介:暴落相場を乗り越えられるか…注目株を公開.. (08/10)
  3. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  4. 8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (08/12)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  6. “日の丸技術”次なる舞台へ、「宇宙開発関連」打ち上げ近づく有力株 <株探ト.. (08/10)
  7. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月13日版
  8. 植木靖男氏【リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風】(1) <相場観ト.. (08/13)
  9. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)
  10. 温暖化で洪水リスク拡大、「治水」関連株に活躍の時迫る <株探トップ特集> (08/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … スズキ、ZHD、丸紅 (7月31日~8月6日発表分) 特集
  2. 2
    今週の【早わかり株式市況】大幅反発、週前半は米株高と買い戻しで急上昇も後半失速 市況
  3. 3
    アンジェス---新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの大量生産に向けてKaneka Eurogentecが参画 材料
  4. 4
    今週の【話題株ダイジェスト】 ディーエヌエ、ベガコーポ、クレオス (8月3日~7日) 注目
  5. 5
    10万円以下で買える、高ROE&好業績 19社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.