ログイン
2019年8月15日 12時58分
材料

リネットジャパングループ---3Qも大幅な増収増益、各セグメントが好調に推移

リネットジャパングループ<3556>は14日、2019年9月期第3四半期(18年10月-19年6月)連結決算を発表した。営業収益は前年同期比93.4%増の65.81億円、営業利益は3.63億円(前年同期は0.28億円の損失)、経常利益は2.92億円(同0.38億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益は2.24億円(同0.39億円の損失)となった。

ネットリユース事業の営業収益は前年同期比0.7%増の26.10億円、営業利益は同19.9%増の2.44億円となった。申込みサイトの改善等を実施したことにより買取件数が増加し、また販売コストの削減に努めた。

ネットリサイクル事業の営業収益は前年同期比92.8%増の4.54億円、営業利益は0.70億円(前年同期は0.24億円の損失)となった。2020年に向け、提携自治体の拡大を推進し、都市鉱山リサイクルの機運醸成活動のサポートを通じて、回収率の向上による当事業の成長を実現すべく様々な取り組みを進めている。このような環境の下、効率的な広告施策を実行し、各自治体との広報に関する協定締結による連携を着実に拡大し、行政サービスの一環としての使用済小型電子機器等の宅配回収の告知及び普及を進めて、市民へのサービス認知度を向上させることを図った。

カンボジア事業の営業収益は前年同期比512.9%増の35.17億円、営業利益は同713.4%増の3.95億円となった。自動車領域では、車両販売事業・リース事業を通じて、モビライゼーションが急速に進むカンボジアにおいて安全で高い品質の中古車の普及を進めおり、IoTや日本基準の車両検査の手法など、先進的な手法を積極的に導入した質の高いモビリティサービスとして同国の中間・富裕層の信頼を獲得している。ファイナンス領域のうち、マイクロファイナンス事業では、社会的な成果と財務面での持続性を意識した「ソーシャルパフォーマンス経営」を積極的に導入し、社会貢献と経済的な利益においてバランスのとれた成長を目指す経営を行っている。人材領域では、カンボジア経済発展の鍵となる技能人材の育成を中心にカンボジア政府、日本政府、JICA、現地の職業訓練大学とも共同し、カンボジア国内における国際協力活動に参画し、車両販売事業が順調に拡大した。

2019年9月通期の連結業績予想については、営業収益は前期比77.9%増の80.70億円、営業利益は3.68億円、経常利益は同819.8%増の4.49億円、親会社株主に帰属する当期純利益は3.19億円とする5月14日に上方修正した業績予想を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)
  2. 温暖化で洪水リスク拡大、「治水」関連株に活躍の時迫る <株探トップ特集> (08/13)
  3. 個人投資家・有限亭玉介:暴落相場を乗り越えられるか…注目株を公開.. (08/10)
  4. 今夏熱く燃えるeスポーツ関連株、成長はまだファーストステージ.. (08/14)
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)
  7. 植木靖男氏【リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風】(1).. (08/13)
  8. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月14日版
  9. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  10. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月14日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月13日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★マイネット、ミズホメディ、RSCなどに注目! New! 注目
  3. 3
    本日注目すべき【好決算】銘柄 メドピア、ブイキューブ、JMDC (13日大引け後 発表分) New! 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (08月13日) 注目
  5. 5
    前日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.