ログイン
2019年8月15日 14時23分
材料

オウケイウェイヴ---19年6月期は、各セグメントの売上高が伸長し2ケタの増収

オウケイウェイヴ<3808>は14日、2019年6月期連結決算を発表した。売上高が前期比29.2%増の48.92億円、営業利益が同11.9%減の10.71億円、経常利益が同24.5%減の9.01億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同41.3%減の6.29億円となった。

コンシューマー・サービス事業の売上高は前期比6.5%増の7.18億円、セグメント利益は同996.5%増の1.50億円となった。当期においては、「感謝経済」プラットフォームの構築に注力しながらも、マレーシアのグループ会社OKfinc LTD.によるブロックチェーン導入・運用コンサルテーションの提供、ならびにQ&Aサイト「OKWAVE」の運営で培ってきたノウハウに基づくマーケティングサポートの継続的な提供により、堅調に推移した。

エンタープライズ・ソリューション事業の売上高は前期比32.7%増の18.42億円、セグメント利益は同21.6%増の9.06億円となった。当期においては、主力製品「OKBIZ.」やAI製品などの新規受注が堅調に推移し、特に今期の成長戦略であるパートナービジネスを通じた間接販売の拡大により、大きく伸長した。

インバウンド・ソリューション事業の売上高は前期比37.1%増の8.46億円、セグメント利益は同26.7%増の2.09億円となった。訪日外国人客の増加により、行政機関や地方自治体、医療分野、鉄道などの案件が増加している。これにより電話通訳や通訳業務委託の新規受注に至るなど、堅調に本業の成長を図ることができた。

フィンテック事業の売上高は前期比34.3%増の14.84億円、セグメント利益は同0.6%増の10.48億円となった。当期は前期同様、ブロックチェーン・ベースのシステム開発案件を継続的に受託し、伸長した。

2020年6月期通期の連結業績予想については、フィンテック事業が市況等外部要因による影響を受けやすく、業績変動が大きいことから開示していない。フィンテック以外の事業の見通しについては、OKBIZ.シリーズによる法人向けサービスの伸長、Palantir Technologies Inc.の製品拡販による新たな収益の創出、インバウンド向け需要のさらなる拡大などにより、売上高については2ケタの成長を目指すとしている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月14日版
  2. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第3回> (08/08)
  3. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 8月14日版
  4. 植木靖男氏【リスクオフ再び、減速する世界経済と円高の逆風】(1).. (08/13)
  5. 個人投資家・有限亭玉介:暴落相場を乗り越えられるか…注目株を公開.. (08/10)
  6. 四半期業績の【成長性】が一目でわかる“新コンテンツ”搭載! (08/13)
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  9. 温暖化で洪水リスク拡大、「治水」関連株に活躍の時迫る <株探トップ特集> (08/13)
  10. 今夏熱く燃えるeスポーツ関連株、成長はまだファーストステージ.. (08/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★レアジョブ、三桜工、インテMなどに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月14日発表分) 注目
  3. 3
    出遅れ「バイオ株」に復活機運、国際規格制定で再生医療関連に脚光 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 レアジョブ、オープンH、三桜工 (14日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (11月14日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.