ログイン
2019年8月23日 10時19分
通貨

外為サマリー:一時1ドル106円60銭台に上昇、株高や米金利上昇が支援材料

23日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=106円57銭前後と前日の午後5時時点に比べ10銭強のドル高・円安となっている。

22日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=106円44銭前後と前日に比べ10銭強のドル安・円高で取引を終えた。この日に発表された8月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が49.9と市場予想(50.5)を下回り、好不況の分かれ目となる50を割り込んだことが影響。一時106円32銭まで軟化した。

ただ、東京市場に移ってからはドル買い・円売りが優勢の展開となっている。時間外取引でのNYダウ先物の堅調な動きや、米長期金利の上昇が支援材料。今晩に予定されるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を前に積極的には動きにくいムードもあるが、反落して始まった日経平均株価が切り返していることもあり、午前9時50分過ぎには106円62銭をつける場面があった。

ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1078ドル前後と同0.0020ドル強のユーロ安・ドル高。対円では1ユーロ=118円05銭前後と同10銭強のユーロ安・円高で推移している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月15日発表分) 注目
  2. 2
    本番突入「半導体関連」逆襲高のステージ、EUV技術が開拓する新たな地平 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月15日) 注目
  4. 4
    明日の株式相場戦略=往来圏を突き抜けるか正念場 市況
  5. 5
    藤代宏一氏【踏み上げ相場突入か、新高値目前の日経平均】(1) <相場観特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.