ログイン
2019年9月1日 9時30分
市況

【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 積極経営の“元気印銘柄”で勝負!

「積極経営の“元気印銘柄”で勝負!」

●証明された市場の強さ、9月後半の浮上に期待!

8月相場が終わった。残念ながら日経平均株価の月足チャートは陰線。7月が保ち合いだったので今月は陽転、こうした期待は裏切られてしまった。

結局、米中貿易戦争の激化と逆イールドに屈伏してしまった形だ。両方ともまだ市場から立ち去ったわけではないため、なお警戒を怠れないが、幸い底は打ったとみてよい状況だ。厳しい状況の中で、日経平均は8月6日につけたここ数ヵ月の最安値2万110円を割り込まずに済んだからだ。

もちろん、現状維持が続くだけでは意味がない。さらに上昇してくれなくてはならないが、この点どうなのか。

まずは、9月相場の特長だ。9月は10月から始まる3ヵ月相場に向けての助走相場になるのが普通で、月の半ばまでは軟調展開になることが多い。そして、後半から浮上に転じ、10~12月高に向かうのだが、今年もそうなる確率が高い。8月が低調だったからだ。

8月が前月比で817円も下げたのは最悪ともいえる材料、つまり米中貿易戦争の激化、そして機関投資家たちのほとんどが一斉に警戒モードに入る逆イールドの出現によるものだった。

これだけのネガティブ材料がありながら、市場は下げはしたものの、日経平均は2万円を割り込まずに済んだのだ。市場の強さは、上昇力の強さばかりで分かるわけではない。ネガティブ材料への抵抗力。これでも分かるのであり、いまはその強さが証明された形になる。

●投資の常道に立ち返る

しかも、米中貿易戦争の長期化による経済の減速が懸念されている中で、このところ発表される経済指標を見る限り、景気は案じられているほど悪化してはいない。

経済産業省が30日発表した7月の鉱工業生産指数速報は102.7(2015年=100)となり、前月と比べ1.3%上昇だった。さらに、7月の完全失業率は前月比0.1ポイント低下の2.2%とわずかではあるが改善し、完全雇用に近くなっている。

このようなデータを踏まえると、ここはやはり投資の常道に則り、積極経営により収益を伸ばし続けている“元気印銘柄”を重点的に狙っていきたい。

まずは、ジャパンミート <3539> だ。この会社は茨城県を拠点に業務用スーパー「肉のハナマサ」を運営している。日米通商交渉の結果、米国産牛肉に対する関税は現行の38.5%が将来9%まで段階的に下がることになった。この会社はその恩恵を受ける。

米国でボーリング場+アメニティー施設の運営が順調に拡大中のラウンドワン <4680> も、その積極経営は高く評価できる。ボーリング場とバスケットボールなどをともに楽しめるような施設を作っているのだ。

千葉を拠点に首都圏で和食居酒屋「こだわりもん一家」や「屋台屋博多劇場」などを運営している一家ダイニングプロジェクト <9266> [東証M]もアプリ会員増を背景に積極経営を進めていて、なお伸び余地ありとみる。

同じく居酒屋経営で躍進を続けているDDホールディングス <3073> も魅力的だ。この会社は居酒屋「わらやき屋」を中心に、複数業態の飲食店経営で成功している。

最後に、オーソドックス銘柄では野村総合研究所 <4307> がある。金融、流通業界向けのコンサルシステム開発に強く、いまはクラウドサービスが堅調に伸び続けていて株も期待が持てる。

2019年8月30日 記

株探ニュース

北浜流一郎

ズバリ株先見!
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 極端な見方の登場は底打ちのシグナル! (09/01)
  2. 上方修正“先回り”、19年9月上期【業績上振れ】候補 〔第3弾〕 <成長株特集> (09/01)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 とりでみなみさんの場合<第1回> (08/30)
  4. “人生100年時代”の担い手、「健康増進関連株」出番到来の秋 <株探トップ特集> (08/31)
  5. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月30日現在)
  6. ★本日の【イチオシ決算】 トリケミカル、丹青社、ニチモウ (8月30日)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ イード (09/01)
  8. 【今週読まれた記事】悪材料の影響及ばぬ“中低位材料株”に照準! (08/31)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 ワイヤレスG、新都HD、手間いらず (8月26日~30日)
  10. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:日経平均構成銘柄の入替発表、各国GDP発.. (08/31)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月10日) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=ワークマンの激騰と全体相場の本音 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):学情、ワークマン、任天堂 注目
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月10日発表分) New! 注目
  5. 5
    「国土強靱化」がランキング首位、政府の本気の経済対策で投資マネー呼び込む<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.